嘘とカメレオン、進化を遂げた5人の姿を提示した初ワンマンツアー最終公演

7月7日(日)13時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



嘘とカメレオンが7月5日(金)、恵比寿リキッドルームにてワンマンツアー『嘘とカメレオン はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』最終公演を開催した。

オープニングVTRでは渡辺壮亮(Gt./Cho.)が「初めてのおつかい」に挑戦するコミカルな映像が流れ、たちまちフロアが温まる。そして、メンバーが登場しそれぞれの位置につくと、チャム(.△)(Vo.)は合掌して深くお辞儀し、“いっちょ始めようぜ!"と渡辺の威勢のいい一声を合図に、新曲「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」で幕開け! 衣装の袖をなびかせながら蝶のようにヒラヒラと舞い表現豊かに歌うチャム(.△)と、リズム隊によるキレッキレのパフォーマンスで繰り広げられるライブは終始アグレッシブで目が離せない。

“人生で起こること全てが点みたいに思えて。このツアーを通してたくさんの嘘チル(=嘘とカメレオンのリスナー)と、私が打ってきた点が繋がった。今日で一つの線になるような1日にしたい!"と話し、「うみねこの鳴く街で」をしっとりと歌い上げたチャム(.△)。渡辺は東京以外は初めてのワンマンライブだった今回のツアーを思い返して“全会場がお客さんと1対1。全員が俺たちを見てくれた。新たな自分と出会えた気がします"と語った。

終盤に差し掛かり「パラダイム 4210」ではフロア全体が拳を掲げながらシンガロング。今日の余力を全て吐き出すかのような勢いで「societal sanity」をドロップし、強烈な印象を残した。そして、アンコールに応えて再びメンバーが登場。イカつい真っ赤な照明に包まれて「百鬼夜行」を突き刺す。バンドのキャパシティを大いに広げた最新作『ポストヒューマンNo.5』は、音楽面だけでなく人間としての進化を遂げた5人の姿そのものだった。

photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER)
text by 羽村 萌

【セットリスト】
1.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
2.N氏について
3.ルイユの螺旋
4.JOHN DOE
5.ミイラ・コード
6.とある男の記録
7.手記A
8.うみねこの鳴く街で
9.Lapis
10.テトラポットニューウラシマ
11.Upius
12.ヤミクロ
13.モームはアトリエにて
14.終わりの果てのはなし
15.されど奇術師は賽を振る
16.パラダイム4210
17.societal sanity
EN1.百鬼夜行

ミニアルバム 『ポストヒューマンNo.5』

発売中

【初回限定盤】(CD+コンテンツカード)
¥2,778+税
仕様:スリーブケース仕様
コンテンツカード:
・MVメイキング映像
・『ポストヒューマンNo.5』リリース記念特番
・『はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』全公演クイックフォトレポート
※カードとスマホ/タブレット/パソコンを使用して上記のコンテンツにアクセス可能。
【通常盤】(CD)
¥2,037+税
<収録曲>
01.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
02.ルイユの螺旋
03.ミイラ・コード
04.とある男の記録
05.パラダイム4210
06.Upius
07.societal sanity

OKMusic

「カメレオン」をもっと詳しく

「カメレオン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ