熱愛発覚の吉田栄作と内山理名の「酒癖」が気になって仕方がない

7月8日(日)10時15分 アサジョ

 6月29日、各スポーツ紙を賑わせた俳優の吉田栄作と女優の内山理名の熱愛スクープ。7月3日発売の「女性自身」には、内山の自宅に2連泊したという吉田の写真も掲載された。

 各メディアの報道によると、2人は昨年11月6日に放送されたドラマ「今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課」(TBS系)での共演で知り合い、意気投合。今年の年明け、都内のステーキハウスで2人の姿が目撃されているが、交際がスタートしたのは4月からだという。

 吉田は1997年にモデルの平子理沙と結婚したが、2015年に離婚。内山は07年に少年隊東山紀之との交際が発覚したが、その後、破局。吉田は49歳、内山は36歳という年齢を考えれば結婚に発展してもおかしくないが、2人の酒癖が少し心配だと女性誌ライターは危惧する。

「6月24日に都内で行われた『ヘネシー X.O カクテルコンペティション 2018』に特別審査員として参加した吉田は、若いときはバーでよく女性を口説いていたと明かしていました。口説いた女性の数はそれなりにあったそうです」

 一方の内山はちょっとおかしな飲み方をするという。

「2011年10月19日に放送された『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に出演した内山は、大好きなシャンパンを飲んでいくうち、グラスを口ではなく背中に運び、こぼしてしまうことを明かしていました。本人は『背中で飲んじゃうんです』と言っていましたが、相当飲まなきゃ、こうはなりません」(前出・女性誌ライター)

 2人がいまどんな飲み方をしているのか、気になってしかたがない。

(石田英明)

アサジョ

「熱愛」をもっと詳しく

「熱愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ