懐かしのヒーロー「U.F.O.仮面ヤキソバン」が20年ぶりに復活!無職で笑いものにされ闇落ち、悲劇的な末路が

7月8日(金)13時40分 BIGLOBEニュース編集部

画像はYouTubeより

写真を拡大

日清食品は、かつてCMで人気になったヒーロー“U.F.O.仮面ヤキソバン”が登場する「日清焼そばU.F.O.」の新CM「エクストリームZERO! 〜ヤキソバンの悲劇〜 篇」を公開した。


新CMでは、1993年から1995年にかけて「日清焼そばU.F.O.」のCMに登場したマイケル富岡演じるヤキソバンが20年ぶりに復活を果たす。かつては「ソースビーム」や「あげ玉ボンバー」などで地球の食生活を守り、愛されていたヤキソバン。しかし、54歳無職のヤキソバンは、街中の笑いもので不審者扱いされている。日清食品に仕事を懇願するも無視され、息子にも見放されたヤキソバンは、ついにダークサイドへと堕ちてしまう。


今回のCMは、5月に公開された「エクストリーム2! 篇」の続編。前回のCMでは、壮絶な戦いの末に魔王を倒したヒーロー“ソース”が、割れた仮面から覗く魔王の正体を目にし、「Father!」と口にした。今回のCMは、ヤキソバンがなぜ魔王になったのかを明らかにしたものとなっている。


■新CM「エクストリームZERO!」


■エクストリーム2! 篇

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ヒーロー」をもっと詳しく

「ヒーロー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ