古川雄輝扮する殺人鬼“トレミー”が「やっぱり警察は無能だな」、殺人分析班スピンオフ「悪の波動」特報映像

7月8日(月)11時57分 映画ランドNEWS

「殺人分析班」シリーズのスピンオフドラマ、WOWOW「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」の特報映像が解禁となった。


殺人分析班


「殺人分析班」シリーズは、麻見和史著の原作を基に、2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」と過去に2回WOWOWオリジナルドラマとして映像化している、警視庁捜査一課の犯罪捜査を描く本格クライムサスペンス。


モルタルで体を固めて殺す、という手口が衝撃的だった殺人鬼“トレミー”こと八木沼雅人。6歳の時に母親とともに誘拐され、拭い去ることのできない暗い過去を背負った八木沼が、シリーズ1作目「石の繭」で塔子らを脅かし、2作目「水晶の鼓動」では塔子ら警察のピンチを救う。トレミーはシリーズで圧倒的人気を誇るアイコン的キャラクターとなった。本作「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」は、「石の繭」事件の直前にスポットを当て、ある殺人事件をきっかけに、八木沼がトレミーへと変貌を遂げる姿を描く。「石の繭 警視庁殺人分析班」のキャラクター“トレミー”からインスパイアされたドラマオリジナルのストーリーとなっている。


古川雄輝が演じる、殺人鬼“トレミー”こと八木沼雅人の姿がとらえられた特報映像。ガスマスク、モルタルを口に流し込まれる男など1作目「石の繭 殺人分析班」で登場した映像が断片的に登場し、悪夢がよみがえる。「やっぱり警察は無能だな」と呆れとも苛立ちとも取れる台詞とともに、一瞬写りこむ、6歳の頃に八木沼雅人が誘拐された“昭島母子誘拐事件”に関する記事。八木沼雅人が、黒いコートに黒のチューリップハットという、“トレミー”を彷彿させる格好で姿を現すこれまでの「殺人分析班」シリーズにはなかった殺人犯からの視点から描かれる本作。ドラマオリジナルストーリーだけに、今まで原作でも語られることのなかったトレミーの過去に注目したい。



スピンオフドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」WOWOWプライムにて10月放送予定


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「殺人」をもっと詳しく

「殺人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ