求婚から結婚まで1年未満か!?高橋真麻、ブログが物語っていた「花嫁への道程」

7月9日(火)9時59分 アサ芸プラス

 昨年12月に一般人男性と結婚し、今は幸せいっぱいの高橋真麻。彼女のブログでは連日のように、おノロケ発言が飛び出している。だが、一時は「いつ結婚するのか」と囁かれたものだ。

「15年末に一般人男性との交際が報じられ、この時すでにゴールイン間近と噂されました。ところが16年中の吉報はなく、17年になってからついに結婚と報じられたものの、17年中の結婚もなし。やっと18年末にゴールイン。真麻はこのあたりの経緯を話していませんが、どうやら18年の初めは結婚のケの字もなかったようですよ」(週刊誌記者)

 真麻は18年1月22日にブログでパスポートを申請したことを明らかにしている。パスポートは5年用と10年用があり、真麻は10年用を選んでいる。

「パスポートは結婚して姓が変わると、切替申請をしないといけません。切替といっても新たな申請をするのと変わらないんです。そして、18年1月22日のブログでは《五年前 もしかしたら名字が変わるかも と思って、5年用パスポートを選択した自分を悔やみます(笑)今回は10年!!》と綴って、10年用のパスポートを選んでいる。ということは、18年1月時点から5年前、すなわち13年初めごろには、結婚のことが具体的に頭にあった可能性があるわけですが、この時点では結婚はなかったと考えるのが自然です」(前出・週刊誌記者)

 昨年1月、真麻の頭に結婚はなく、交際相手との間で話題になることもなかった。だが、その後に状況か大きく変化し、ゴールインへと至ったということのようだ。

「つまりどちらかがプロポーズした時期も、昨年1月22日以降ということになります。と考えると、プロポーズから入籍まで最長でも11カ月。それが長いのか短いのか。いずれにしても幸せになってくれてホッとしました」(前出・週刊誌記者)

 いつか結婚までの経緯を明らかにしてほしいものだ。

アサ芸プラス

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ