GReeeeNが志尊淳主演作『走れ!T校バスケット部』主題歌を書き下ろし

7月9日(月)12時11分 シネマカフェ

『走れ!T校バスケット部』(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

写真を拡大

NHKで現在放送中の朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でゲイのボクテを演じるなど、いま最も注目を集めている若手俳優の志尊淳が主演する映画『走れ!T校バスケット部』。本作の主題歌をGReeeeNが書き下ろしたことが判明し、併せて、その主題歌「贈る言葉」が流れる特報映像も解禁された。



■青春、スポーツといえば、GReeeeN!


GReeeeNといえば、興行収入85.5憶円を記録した『ROOKIES -卒業-』の主題歌をはじめ、高校野球・高校サッカーと数々の大会テーマソングや応援ソングに選ばれるなど、“青春×スポーツといえばGReeeeN”と言っても過言ではないほどの功績を残しており、高校バスケットを題材にした、まさに直球青春スポーツ映画である本作の主題歌の担当は、“キセキのコラボレーション”と言っても過言ではないだろう。

作品が完成前だったため、製作陣が原作小説やプロットなどを提供し、主人公の葛藤と成長、仲間との関係性を熱く伝え、その思いを映画のために書き下ろした新曲「贈る言葉」に込めた。「これからみんなへ贈る言葉 沢山の『涙』『笑顔』を誇れよ」「僕ららしく明日を迎えに さあ いざいこう」という歌詞にもあるように、T校チームの応援歌として、映画をより一層盛り上げてくれるものとなっている。

■主題歌に乗せた最新映像も解禁!


その「贈る言葉」を聞くことができる特報映像も、主題歌解禁と同時に公開された。今回のGReeeeN起用に志尊さんは「僕の青春時代はGReeeeNさんと共に過ごしたので、今回、主題歌をGReeeeNさんが書き下ろして下さるとお聞きした時は本当に幸せな気持ちでいっぱいでした」と自身もファンであることを公言。

「楽曲を聞かせて頂き、この映画に込めるメッセージを汲んでもらい、映画の持つパワーをこの楽曲が更に大きくしてくれていると感じました。そして、この曲が持つ世界観がこの映画のストーリーにスッと入り込むために背中を押してくれるようにも感じました。僕らの青春とGReeeeNさんの曲が交わるキラキラした世界。楽しみにしててください!」と期待感高まるコメントを残した。

『走れ!T校バスケット部』は11月3日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

「バス」をもっと詳しく

「バス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ