滝沢カレンの若者言葉にネット騒然 「歴史は繰り返すのか」「マズいね…」

7月9日(火)15時41分 しらべぇ

滝沢カレン(画像は滝沢カレン公式Instagramのスクリーンショット)

モデルの滝沢カレンが、8日放送のバラエティー番組『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)に出演。

滝沢が「若者の言葉」として紹介した言葉に、視聴者から注目が集まっている。

 

■滝沢の天然ボケにツッコミ

今回のロケに挑んだメンバーは、滝沢を除き全員40歳オーバー。そこで、滝沢から「若者クイズ」を出題することになる。

すると、滝沢は早速、「答えがわからないとダメだよね?」と、彼女らしい天然キャラを発揮。サンドウィッチマン伊達みきおから「当たり前だよ」とツッコミを入れられる。

そして、いよいよ出題となるのだが、滝沢は「逆の問題なんですけど…」と問題を難解にする口調で話し始め、伊達から再度、「どういうこと?」とツッコまれてしまう。

 

■「ハゲド」とはどういう意味か

滝沢が出題したのは、「『ハゲド』とはどういう意味か」というもの。全く正解が出る様子もなく、中川家の礼二が「ヒントをくれへんと…」と求めると、滝沢は「7文字の言葉を3文字にした言葉」とヒントを提示する。

さらに、滝沢が「『お腹が空いた』って言ったら『ハゲド』」と例文を出すと、大森南朋と富澤たけしが見事、正解である「激しく同意」を導き出した。

■ネットでは「歴史は繰り返す」の声

今回の放送を受け、滝沢の「若者クイズ」に視聴者が反応。ツイッターでは、「ネット初期の2ちゃんねる用語」「禿同がさらに略された」などのコメントが寄せられている。

また、言葉が使われる界隈と時代が移り変わることに、「歴史は繰り返すのか」といった哀愁漂うコメントも見られた。

 

■話し方を注意されたことがある?

サンドウィッチマンら、40歳オーバーの人たちが全く知らなかった「若者言葉」。会話の中で用いると、中には、「正しい言葉遣いではない」と注意する人もいるだろう。

しらべぇ編集部では、全国10〜60代の男女1,732名を対象に「話し方」について調査を実施。その結果、全体の23.3%が「他人から『話し方』を注意されたことがある」と回答している。

ネット用語が20代の若者言葉になったように、次は「ハゲド」が世間から認知される正式な言葉になる日も遠くないのかもしれない。


・合わせて読みたい→おぎやはぎ矢作、山里と結婚の蒼井優を分析「だからいい子だと思う」


(文/しらべぇ編集部・音無 まりも



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の男女1,732名(有効回答数)

しらべぇ

「滝沢カレン」をもっと詳しく

「滝沢カレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ