AKB48加藤玲奈が『報ステ』出演 18・19歳の参院選関心度に「少ないですね」

7月9日(土)17時52分 Techinsight

『報ステ』に出演した加藤玲奈(出典:https://twitter.com/katorena_akb48)

写真を拡大


AKB48加藤玲奈が『報道ステーション』にスタジオゲストとして出演した。18歳の彼女は国政選挙で投票権を持つことから“参院選”をテーマにメインキャスターの富川悠太アナウンサーや法学者・木村草太さんと語り合う。

加藤玲奈らAKB48メンバー3人が木村草太さんと政治や選挙について対談する企画が朝日新聞に半年間連載された。木村さんがかつてコメンテーターを務めていたこともあり、その縁で加藤玲奈と7月8日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)での共演が実現、“木村草太と18歳AKB 参院選まじめに考えよう”と特集が組まれた。

参議院選挙投票日の7月10日はAKB48のイベントがあるため、加藤玲奈はすでに期日前投票を済ませており「緊張しました。ああいう感じだと改めて知ることができた」と語る。

富川アナからグラフで示された『今度の参院選への18・19歳の関心度』では「大いに関心がある 11%」「少しは関心がある 65%」「関心はない 23%」(その他・答えないは省略)とあり、加藤は“大いに関心がある”の割合に「少ないですね」と感想を口にした。

どのようにしたら若者の選挙への関心が高まるかについて「難しいですよね、私の1票で(何が変わるのか)と思われる方もたくさんいるだろう」という彼女もまた、木村さんから学ぶ前は「1票で変わるのかな?」と思っていた1人なのだ。「以前は“関心はない 23%”寄りでしたね」と素直に認めている。

木村さんから学んだことを参考に、新聞を読んで政治家たちと自分の考えを照らし合わせて誰に入れるかを選んだ。投票してからは政治のニュースが気になるなど意識が変わり、家族で選挙の話をするようになったという。そうした経験から「投票1つで関心は増えていくのではないか」と主張した。

加藤玲奈と言えば今年の『第8回AKB48選抜総選挙』で26位となりアンダーガールズに選出、昨年は自身で選んだ“れなっち総選挙”の選抜メンバーによる楽曲が実現するなどAKB48としての選挙は馴染みがある。それでもやはり本物の選挙に参加すると世界が変わるようだ。

出典:https://twitter.com/katorena_akb48
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「参院」をもっと詳しく

「参院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ