清原果耶、女神のようなヒロインを熱演 映画『いちごの唄』本編解禁

7月10日(水)7時0分 クランクイン!

映画『いちごの唄』に出演の清原果耶場面写真(C)2019「いちごの唄」製作委員会

写真を拡大

 俳優の古舘佑太郎と女優の石橋静河がダブル主演を務める映画『いちごの唄』より、女優の清原果耶が女神のようなヒロインを演じる姿を映した本編映像が到着した。 本作は、銀杏BOYZ峯田和伸が詞曲を手掛けた同バンドの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などから着想を得て脚本家・岡田惠和が執筆した同名小説(朝日新聞出版)を実写化した青春ラブストーリー。年に一度しか会えない“あーちゃん”を思い日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、“あーちゃん”こと天野千日を石橋が演じる。

 コウタの唯一の親友だった伸二は、中学生の頃、2人が“天の川の女神”とあがめていたクラスメイトのあーちゃんこと天野千日を交通事故から守り、亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し、来年の七夕にも会おうと約束。コウタはこの日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り、「もう会うのは終わりにしよう」と告げる—。

 清原が演じるのは、主人公のコウタが想いを寄せる“あーちゃん”の中学生時代。連続テレビ小説『なつぞら』での演技も話題を呼んでいる清原が、本作では瑞々しくもどこか寂しさを感じさせるヒロイン“あーちゃん”の少女時代を、凛とした佇まいで演じる。

 今回解禁された本編映像では、中学時代のコウタと伸二が、クラスメイトである千日を「天の川の女神だから“あーちゃん”だ」とこっそり名付け、憧れの対象として崇める姿が描かれている。さらに「伸二くんは私のせいで死んだの」という大人になった千日の言葉とともに、雨の中で振り向く中学時代の千日の回想シーンも登場し、彼女の過去の秘密がコウタとの恋にどう影響を与えるのか気になる映像となっている。

 映画『いちごの唄』は公開中。

クランクイン!

「清原果耶」をもっと詳しく

「清原果耶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ