赤星憲広、打撃不振の阪神・近本を心配 4番起用の影響についても語る

2024年7月10日(水)19時30分 マイナビニュース

元プロ野球選手で野球解説者の赤星憲広氏が4日、YouTubeチャンネル『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』で公開された動画「【阪神野手陣】赤星が考える阪神打線の1番の武器とは!?」に出演。阪神・近本光司について語った。
○打撃不振の近本光司を心配
2軍落ちを経験した佐藤輝明、大山悠輔らのバッティングが少しずつ復調するなか、いまだ不調が続くのが近本。動画公開日の7月4日終了時点で、打率.251(74安打)、6本塁打、26打点、10盗塁という数字だったが、赤星氏は佐藤や大山の復調に触れたうえで、「ただ問題は近本くんよ。どうした」と切り出しつつ、「たぶん、プロ入ってきて初めてちゃう?」「調子悪い時ってありましたけど、こんなに打てない近本選手は初めて。ついに2割4分台まで来てるでしょ? ちょっと心配だよね」と、その打撃不振について語る。
また、6打席無安打に終わった6月26日の中日戦について「6タコってなかなかないからね。フォアボールも一個も選べてないってことじゃんか」と言及すると、「4番打たせたのが悪いんじゃないかって声がありますけど、僕はまったく関係ないと思いますけどね。だって4番でバッティングを変える人間じゃないですから」と、打順の影響ではないときっぱり。
さらに、「正直、4番とか打ってた時でも、そこまで良くなかったからね、状態は。他の人たちが悪すぎるから、その中でも良いほうで、監督も『点を取るには……』って(4番に)しただけだと思うので」と続け、「もともと近本くんって社会人時代はクリーンナップ打ってたからね。だから、クリーンナップ打つことが特別だと思ってるタイプじゃないから」と、改めて打順が問題ではないと解説していた。
【編集部MEMO】
『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』は、「LITEVIEW」アプリで毎週月曜(20:00〜20:30)に放送されている音声番組。『Going! Sports&News』(日本テレビ系)や『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などで野球解説者として活躍する赤星憲広氏が、“ならでは”の野球トークを繰り広げる。番組には不定期でゲストも登場。これまでに、濱中治氏や八木裕氏をはじめとする阪神のOB選手や、オリックスのT-岡田や中川圭太らが登場している。公式YouTubeチャンネルでは、番組のダイジェスト版が毎週金曜に配信中。

マイナビニュース

「赤星憲広」をもっと詳しく

「赤星憲広」のニュース

「赤星憲広」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ