ジャニー社長訃報の裏で『関ジャニ∞』錦戸亮の“年内追放”再浮上

7月10日(水)19時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ



ジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏の訃報が伝わり、同事務所所属のタレントは一様に意気消沈。しかし、水面下では早くもさまざまな思惑が交錯しているようで、そんな中の1つ、『関ジャニ∞錦戸亮は今年の年末をもって〝追放処分〟されるのではないかという情報が急浮上しだした。


【関連】『関ジャニ』解散は決定的? ジャニーズが後継者ゴリ押しで信憑性MAX! ほか


「マスコミ関係者の目は、闘病中だったジャニー喜多川社長の容態にクギ付けでした。そんな状況でしたから、錦戸の去就に関しては、今年の3月に一部週刊誌で報じられたままになっていました。これはジャニー社長の入院が緊急事態だったために、錦戸の話が飛んだだけのこと。彼が辞めるかどうかは、まだグレーのままですが、これからすぐに出てくると思いますよ」(ジャニーズライター)


錦戸問題は、多くの〝闇〟を含んでいる。昨年、渋谷すばるがグループを脱退。米国での音楽勉強を建前に事務所も辞めていることも、その1つだとされる。


「錦戸は、渋谷が辞めたことに『グループも解散すべきだった』と発言。また村上信五を偏重する営業姿勢も批判している。いわば体制批判ですから、事務所が新たな体制になろうとも目をつぶることができる問題ではないのです」(同・ライター)


今後、ジャニーズ事務所のタレント部門の統括責任については、子会社『ジャニーズアイランド』代表のT氏の意向が非常に強く反映されるようになるといわれている。


「T氏にとっても錦戸問題は懸案事項。ジャニー社長の件が一段落するまでは、マスコミに騒がれるような行動は表立ってしないでしょうが…」(同)


 


本人はタカをくくっているが…


錦戸には会社批判と同様、看過できない疑惑も出ている。


「昨年8月、一部の写真週刊誌が、錦戸と関西在住の人妻とが数年にわたり不倫関係にあると報道しました。さらに同年9月には、同じ写真週刊誌により、名古屋在住の〝ハタチの女性〟が王様ゲームの後『避妊せず性行為された』との告発記事を掲載。錦戸の下半身のいかがわしさが露呈されまくったのです」(女性誌記者)


名古屋の女性に関しては、週刊誌は錦戸の寝顔まで掲載。グレーというより、ほとんどクロの状態だ。


「錦戸は、現在『関ジャニ∞』のグループ以外、個人での出番はありません。ただ一部で俳優として評価する声があり、本人は『拾う事務所は他にある』と思い、タカをくくっているようです。でも、彼の名で視聴者が引けるほど大物とは思えません」(同・記者)


当然、T氏は時期を見ているという。


「相方だったI氏を、何の躊躇もなくクビにしたT氏です。錦戸レベルをクビにするのは苦もない話。ジャニー社長から直々に〝後継指名〟を受けたジャニーズ愛の塊のT氏です。名目を付け年末に〝追放〟でしょう」(同)


果たして錦戸を拾う事務所はあるのだろうか。


 


まいじつ

「関ジャニ」をもっと詳しく

「関ジャニ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ