『義母と娘のブルース』初回、竹野内豊パパの再婚理由に憶測集まる

7月11日(水)11時39分 クランクイン!

『義母と娘のブルース』出演の竹野内豊 クランクイン!

写真を拡大

 女優の綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の第1話が放送され、綾瀬扮するヒロインと竹野内豊演じるシングルファーザーの結婚に、視聴者からは「どんな理由があるんだ??」「契約めいたものを感じる」などの声が寄せられている。 数年前に母親を亡くし、父親の良一(竹野内豊)と二人で生きてきた宮本みゆき(横溝菜帆)の前に現れたのは、彼女の新しい母になる岩木亜希子(綾瀬はるか)だった。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は名刺を差し出し自己紹介。しかし、みゆきは「私、この人嫌い」と一蹴する。

 亜希子は、百戦錬磨のビジネススキルで、みゆきの心をつかもうと奔走。児童心理学の書籍を読みあさり、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチ。一方、良一は、下山不動産の下山和子(麻生祐未)に、「再婚は早いのでは?」と釘を刺されてしまう。

 ドラマの冒頭で、一人娘のみゆきと再婚相手・亜希子の初対面が失敗に終わってしまった良一。ちょっと抜けたところのあるかわいいパパを体現する竹野内の演技にSNSには「竹野内さんゆるくていいなぁ笑」「今回みたいなチャーミングな竹野内君好き!」などの声が寄せられた。

 物語の中盤、良一と亜希子が二人で結婚について話すシーンで、良一は「やめますか? 結婚」「そもそも亜希子さんにとって大してメリットのある話じゃないし…」「結婚したいのは僕ばっかりだと思ってたので…」などの思わせぶりなセリフを連発。さらに結婚を控えているにも関わらず、良一と亜希子に距離を感じさせる雰囲気が謎を呼び、視聴者からは二人の結婚について「どんな理由があるんだ??」「契約上の結婚みたいな感じで含みを持たせている気がする」「竹野内パパなんか曲者だよな」などの意見がSNS上に投稿された。

クランクイン!

「竹野内豊」をもっと詳しく

「竹野内豊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ