『しかのこ』大反響で編集部驚き「社会現象になりつつある」 原作漫画1巻分を無料公開

2024年7月11日(木)12時0分 オリコン

『しかのこのこのここしたんたん』

写真を拡大

 3日より放送がスタートしたテレビアニメ『しかのこのこのここしたんたん』の反響を受け、原作漫画を連載中の『マガジンポケット』(マガポケ)編集部は「社会現象になりつつある」とし、14日まで第1巻分を無料公開した。

 同作は、都立日野南高校に通う女子高生、虎視虎子が主人公で、ある日の登校中、彼女は顔に冷たいものが当たるのを感じた。ふと上を見ると、そこには鼻水をたらし、ツノが電線に引っかかって身動きが取れなくなっている女の子を見つける。うっかり変な『ツノ』の生えた少女・鹿乃子のこを助けたことで、優等生(の皮を被った)虎視虎子の人生がかき乱されていく……一人の少女(元ヤン)が一人のシカ(?)に出会うガール・ミーツ・シカ物語。

 4日に今回された、ノンクレジットOP映像は、すでに1000万回再生数を突破(7月9日21時50分過ぎ)。夏アニメ一番のバズりオープニング映像となり、ネット上では「平成感あふれるアニソン」「脳死で見れて歌詞の通り癖になる」「中毒性の高い神イントロで上がったハードルを悠々と超えてくる神サビで最高すぎる」「年末の紅白確定かな」などと話題になっている。

 オープニングテーマ「シカ色デイズ」は、シカ部部員である鹿乃子のこ(CV.潘めぐみ)、虎視虎子(CV.藤田咲)、虎視餡子(CV.田辺留依)、馬車芽めめ(CV.和泉風花)が歌うキャラクターソング。TikTokではタイトルどおり「しかのこのこのここしたんたん」と繰り返すイントロに合わせて虎視虎子(こしたん)が踊る動画がバズり、1000万回再生、80万以上のいいねがついた新たなトレンド楽曲となった。

 この反響を受け、週刊少年マガジンで『はじめの一歩』を連載中の森川ジョージ氏は、Xにて「【しかのこのこのここしたんたん】1話目見終わって呆然としている。いや観ながらも呆然としていた。どうしていいかわからん。なんだこれは?!誰のための何のためのアニメなのだ?!あんまり驚いたので調べたらマガポケで連載中なのか!同僚だったのか…。2話目どうしよう」と困惑しつつも、一歩が鹿になったイラストを投稿するなどドハマりしていることを打ち明けた。

オリコン

「反響」をもっと詳しく

「反響」のニュース

「反響」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ