「虎に翼」羨む小橋を多岐川ハグ“愛され寅子”新潟異動のワケ「桂場デレ...小橋も愛されキャラ」ネット沸く

2024年7月11日(木)8時15分 スポーツニッポン

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月〜土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は11日、第74話が放送された。話題のシーンを振り返る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は17年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第74話は、いつの間にか家庭を顧みなくなった佐田寅子(伊藤沙莉)。道男(和田庵)からも非難され、家族と正面から向き合う。猪爪花江(森田望智)が新潟には家族全員で付いていくと語ると、子どもたちから寅子への不満が噴出。寅子に決断の時が迫る…という展開。

 寅子は「私思い上がっていました。一度は逃げた法曹界、今度こそは壁を登り切った、あとは理想を追求するだけだと。お三方からたくさん学ばせてもらっていたのに、すっかり天狗になって。桂場さんは、そんな私に失望して、鼻をへし折るために、異動を決めてくださったんですよね」と桂場等一郎(松山ケンイチ)多岐川幸四郎(滝藤賢一)久藤頼安(沢村一樹)に釈明。

 桂場は「全く違う。君は全く分かっていない、自分の立場を」「腹立たしいが、君は有能だ。そして俺たちに、好かれてしまっている。それが問題なんだ。キャリアを重ね、俺たちという後ろ盾がある君は、もう昔の弱い者じゃない。今の君の“はて?”は、非常に重い。周りを動かす力がある」「悪くはない。だが、今のままでは君の土台はいずれ崩れる。君は、裁判官として正しく成長する道筋を飛び越え、一躍、時の人となってしまった。それに甘んじている君に家裁はいや、どんな役職も任せられん!だから、地盤をつくるんだ」と異動の理由を明かした。

 多岐川は「おい、桂場、それはおまえ、とびきりの愛じゃないか!」と胸ぐらをつかむ。久藤は「タッキー、そりゃそうだよ。桂場くんは穂高先生直系の理想主義者かつ、潔癖なまでの正論主義者なんだから」と笑う。多岐川は「そういうことなら、快く旅立ちを見送るしかないじゃないか」。寅子の目に涙がこみ上げ「新潟で、一から自分を見つめ直してきます。土台、しっかり固めてきます」——。

 汐見圭(平埜生成)は「愛されてるな、佐田さんは」、小橋浩之(名村辰)は「羨ましい」。多岐川は小橋を強く抱き締め、稲垣雄二(松川尚瑠輝)とともに寅子を輪に入れた。

 SNS上には「桂場さんの大いなるデレにすべてを持っていかれた」「寅子への“とびきりの愛”が熱すぎる」「桂場さん、タッキー、ライアンの3人組が素敵すぎる」「3人のスピンオフ、お願いします」「小橋を抱き締めた多岐川、ギュッとしがみついた小橋にも涙」「多岐川さん、小橋をハグしてくれてありがとう!」「羨ましがる小橋、素直で非常に愛らしい」「今日のMVPは小橋の“羨ましい”発言からのハグだよ」「あの蹴り上げられてた小橋が、こんな愛されキャラになるなんて…長期の朝ドラならではだなぁ」などの声が上がった。

 家裁メンバーとの別れが近づく。

スポーツニッポン

「虎に翼」をもっと詳しく

「虎に翼」のニュース

「虎に翼」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ