『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』が11月28日に発売決定。原作OP&EDを収録したエディションも、早期購入特典には『モノアイガンダムズ』が付属

7月12日(金)10時55分 電ファミニコゲーマー

 バンダイナムコエンターテイメントは、シミュレーションゲーム『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』(以下、クロスレイズ)を11月28日に発売することを発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Nintendo Switch、PC(Steam)。ゲームの特徴や新要素を説明する新しいトレイラーも公開されている。

 『クロスレイズ』は、『機動戦士ガンダム』シリーズを題材にしたウォーシミュレーションゲーム。作品の枠を超えてさまざまなモビルスーツを編成、自分だけの部隊を編成し、原作を再現した戦場で戦う。本作では『新機動戦記ガンダムW』、『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダム00』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の4作品が原作となる。

 通常版に加えて「プレミアムGサウンドエディション」が販売される予定で、こちらには通常版に収録された楽曲以外に35曲が追加収録。『新機動戦記ガンダムW』第1期の主題歌「JUST COMMUNICATION」や、『機動戦士ガンダムSEED』の「INVOKE -インヴォーク-」など、各作品のオープニング・エンディングテーマがリストされている。これらの楽曲はイベントや戦闘で使用される。なお、フルサイズではなくゲームサイズでの収録となる。

(画像はSDガンダム ジージェネレーションシリーズ公式Twitterアカウントより)

 また、早期購入特典として2002年にワンダースワンカラー向けに発売された『SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ』(以下、モノアイガンダムズ)の移植版のダウンロードコード、『クロスレイズ』で『モノアイガンダムズ』に登場したモビルスーツ「シスクード」のティターンズカラーの生産権、そしてユニット強化に使えるオプションパーツ集「オプションパーツ:スターターセット」の3種の特典がついてくる。

 『モノアイガンダムズ』は、『機動戦士ガンダム』の終盤から『機動戦士Zガンダム』の時代を舞台にしており、原作では描かれなかった戦場の戦いが描かれる。ゲームオリジナルのキャラクターであるシグ・ウェドナーが主人公となり、ティターンズが開発したガンダムシスクードが主役機体。モノアイガンダムズという名の通り、シスクードはモノアイを採用した珍しいガンダムタイプのモビルスーツだ。

 なお同作品の対応プラットフォームはPlayStation 4とNintendo Switchのパッケージ版並びにダウンロード版。Steam版には付属しないので、注意していただきたい。

(画像はSDガンダム ジージェネレーションシリーズ公式Twitterアカウントより)

 原作のテーマソングなどが収録された「プレミアムGサウンドエディション」も嬉しいが、特に嬉しいのは『モノアイガンダムズ』が現行機に移植されるという点だ。限定版向け特典ではなく、どちらのバージョンでも初回生産分、あるいは12月25日までにダウンロード版を購入することでもらえる。『モノアイガンダムズ』に興味がある方は、早めに購入したほうがいいだろう。

ライター/古嶋 誉幸

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ 公式サイト
ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ