「ゆきゆきて神軍」まさかの絶叫上映

7月12日(木)12時17分 ナリナリドットコム

アップリンク渋谷は8月4日から24日まで、ドキュメンタリーの鬼才・原一男特集上映「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」を開催する。「ゆきゆきて神軍」でまさかの絶叫上映や、ここでしか話せない撮影秘話を原監督自身が語るオーディオコメンタリー上映などの企画、豪華ゲストとのトークショーなど、イベントが盛り沢山だ。

注目の「ゆきゆきて神軍」絶叫上映は、8月11日19時30分から開始。「発声可能/コスプレ可能/サイリウム・光り物使用可能/タンバリン・鈴の使用可能」とのことだ。

また、リピーター割引、トロピカルなデザインで異彩を放った1987年公開当時の「ゆきゆきて神軍」復刻ポスターをプレゼントするスタンプラリーも実施する。

今回の特集上映について、原監督は「昨年の『神軍』公開30周年記念上映会は全回ソールドアウトという記録を作った。ならば、今年も、と燃えている。故原田芳雄が言っていた。どんなに古い作品でも初めて観る観客にとっては新作である、と。ま、そんな理屈を言わなくても、私たち疾走プロの作品は今、観ても、決して古びていない、と言い切る自信はある。観てもらいたい層は、やはり若い人たちだ。次の時代を担う若者たちに、私たちのメッセージを伝え、そして若者たちに頑張ってもらわないと、この国は間違いなく滅びる。だから、諦めずに、メッセージを伝えたい、と思う。さあ、今年の夏を、さらに暑く、したいと思っている!」とメッセージを寄せている。


☆「ゆきゆきて神軍」とは……

1987年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。

天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三に肉薄する。神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、“神軍”の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる……。

☆上映スケジュール

8月4日(土)
10:45『ゆきゆきて、神軍』(舞台挨拶Q&A)
13:40『極私的エロス・恋歌1974』(トークショーあり)

8月5日(日)
10:45『さようならCP』(舞台挨拶Q&A)

8月6日(月)
15:00『ゆきゆきて、神軍』(『亜人間 奥崎謙三』併映)
19:30『全身小説家』(トークショーあり)

8月7日(火)
15:00『極私的エロス・恋歌1974』(舞台挨拶Q&A)

8月8日(水)
15:00『ゆきゆきて、神軍』(トークショーあり)
19:30『さようならCP』(トークショーあり)

8月9日(木)
15:00『ニッポン国V泉南石綿村』(舞台挨拶Q&A)
19:30『極私的エロス・恋歌1974』(トークショーあり)

8月10日(金)
15:00『全身小説家』(舞台挨拶Q&A)
19:30『ゆきゆきて、神軍』(オーディオコメンタリー上映)

8月11日(土)
10:45『ニッポン国V泉南石綿村』(トークショーあり)
19:30『ゆきゆきて、神軍』(絶叫上映)

8月12日(日)
10:45『全身小説家』(舞台挨拶Q&A)
17:00『ニッポン国V泉南石綿村』(トークショーあり)

8月13日(月)
15:00『ニッポン国V泉南石綿村』(舞台挨拶Q&A)
19:30『極私的エロス・恋歌1974』(トークショーあり)

8月14日(火)
15:00『さようならCP』(トークショーあり)

8月15日(水)
15:00『ゆきゆきて、神軍』(トークショーあり)
19:30『全身小説家』(トークショーあり)

8月16日(木)
15:00『極私的エロス・恋歌1974』(舞台挨拶Q&A)

8月17日(金)
13:40『ニッポン国V泉南石綿村』(トークショーあり)

8月18日(土)
10:30『全身小説家』(トークショーあり)
18:25『極私的エロス・恋歌1974』(舞台挨拶Q&A)

8月19日(日)
10:30『ゆきゆきて、神軍』(トークショーあり)
18:25『さようならCP』(舞台挨拶Q&A)

8月20日(月)
15:00『ゆきゆきて、神軍』(『亜人間 奥崎謙三』併映)
18:00『ニッポン国V泉南石綿村』(トークショーあり)

8月21日(火)
15:00『全身小説家』(舞台挨拶Q&A)

8月22日(水)
15:00『ゆきゆきて、神軍』(『亜人間 奥崎謙三』併映)
19:30『極私的エロス・恋歌1974』(トークショーあり)

8月23日(木)
15:00『極私的エロス・恋歌1974』(舞台挨拶Q&A)
18:00『ニッポン国V泉南石綿村』(トークショーあり)

8月24日(金)
15:00『さようならCP』(舞台挨拶Q&A)
19:30『ゆきゆきて、神軍』(トークショーあり)

ナリナリドットコム

「ドキュメンタリー」をもっと詳しく

「ドキュメンタリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ