マドンナに2パックが獄中から書いたラブレター競売

7月12日(金)6時48分 日刊スポーツ

マドンナ(16年2月15日撮影)

写真を拡大


マドンナ(60)の元恋人で大物ラップ歌手の2パックこと、トュパック・シャクールが24年前、マドンナにあてて書いたラブレターが17日、競売にかけられることがわかった。
ニューヨーク・ポスト紙によると、マドンナはオークション会社との間で手紙の所有権をめぐり争ったが、ニューヨーク最高裁判所は、3ページにおよぶ手書きの手紙はオークション会社のものであるとの判決を下したという。
手紙は当時24歳だったシャクールが1995年、刑務所の中で書いたもので、「人種差別の影響が、若い黒人の男が年上の白人の女に愛情を示すのを困難にしている」とつづっている。マドンナは当時、37歳だった。
シャクールは翌年、ラスベガスで銃撃され、死去した。オークション会社によると、入札は来週、10万ドル(約1100万円)からスタートし、30万ドル(約3300万円)ほどで落札すると見込まれているという。(ニューヨーク=鹿目直子)

日刊スポーツ

「マドンナ」をもっと詳しく

「マドンナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ