【注目新作】『ジュラシック・ワールド』『映画ポケモン』『インサイド』ほか公開

7月13日(金)12時42分 映画ランドNEWS

ジュラシック・ワールド

<7月13日(金)より公開の新作映画をご紹介!>


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7.13[金]公開)


ジュラシック・ワールド
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(C)Universal Pictures

前作で<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。生き残りをかけた究極のアドベンチャーが描かれる。前作に引き続き主要キャストは、主人公オーウェン役にクリス・プラット、クレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』で手腕を発揮し、ゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢された。



『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(7.13[金]公開)



©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト

森の中で一人佇む謎の少女・ラルゴ役に芦田愛菜。ポケモン初心者の女子高生・リサ役に川栄李奈。自分に自信が持てない気弱な研究家・トリト役に濱田岳。嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男・カガチ役に大倉孝二。ポケモンを毛嫌いする変わり者のお婆さん・ヒスイ役に野沢雅子。リサの弟のリク役に、12年連続出演の中川翔子。ラルゴの父親でフウラシティの顔であるオリバー市長役に、21年連続出演の山寺宏一が声を当てる。






『インサイド』(7.13[金]公開)


インサイド
© 2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCIÓN AIE / GRAND PIANO LLC

本作は、不運な衝突事故により、夫を失い補聴器ナシでは耳が聞こえない障害が残った妻サラが、ある晩に家に侵入してきた見知らぬ女に命を狙われるさまを描くエクストリーム・シチュエーション・スリラー。一緒に生き残ったお腹の子の誕生だけを心の支えに暮らしているサラ役にレイチェル・ニコルズ、執拗にサラ殺そうと迫る正体不明の女をデヴィッド・リンチ監督作『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが怪演する。監督を『スペイン一家監禁事件』のミゲル・アンヘル・ビバスが務める。





『私の人生なのに』(7.14[金]公開)


私の人生なのに
©2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ


本作は、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となった知英扮する金城瑞穂が、音楽と出会うことで人生に希望を見出していく青春サクセスストーリー。稲葉友は、瑞穂(知英)の前に数年ぶりに現れた幼なじみで、瑞穂が再び前を向くきっかけとなる役どころを演じる。





週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ジュラシック・ワールド」をもっと詳しく

「ジュラシック・ワールド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ