声優・村川梨衣2ndライブ開催、多面的な魅力を感じるサイコーの時間に (1) 変幻自在の歌声に、ダンスにトークに……

7月13日(金)16時47分 マイナビニュース

声優・村川梨衣の2ndライブ「村川梨衣 2ndRiELiVE 〜梨の季節〜」が5月26日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催。約1年ぶりとなるワンマンライブは、いわゆる"りえしょんらしさ"も垣間見せつつ、さらに多彩さを増した"RiEMUSiC"と称する自らの音楽の魅力を視覚的に提示するようなものとなった。

▼冒頭からいきなり提示された、"村川梨衣"という存在の魅力

開演時間を迎えると、まずはオーケストラのインストをinterludeにバンドメンバーが入場。オーソドックスなバンド編成に加えて、村川の楽曲に欠かせないバイオリンもそこに並んでいるのが特徴的だ。

そして「Graceful」の長いイントロ中に、村川もステージに登場。実は前回のライブでは、ロングトーン中にわずかに音階が下がるクセが出た曲もあったのだが、この日はそれも修正。強さと清々しさがちょうどいい塩梅のバランスでアウトプットされていた点も含めて、シンガーとしての成長を見せる。

その清らかさは続く「水色のFantasy」にも受け継がれる。一気に水色に染まった客駅に向かって響いたボーカルは、少女性の強い愛らしいもの。それも、CD音源よりも程よく強さを引いた、かわいらしさが前面に出たものに。特に落ちサビのか細さや儚さは、曲中のヒロインを「守ってあげたい」と思わされるほどのものだった。

だが、曲明けには一転して荒々しく観客を煽り、いきなりの爆上げ曲「レクイエム -Requiem-」を投入。村川のボーカルも強く激しいものへと変わり、パシフィコの空気もロックライブのそれへと変貌。この二面性が村川のパフォーマンスの魅力なのだが、その両面をたった3曲で堪能させてくれたのには驚いた。Dメロ直前には「みんな、ともに歌えー!」と真紅に輝く客席へとシャウトし、完全にロッカーモードに"入った"村川はそのまま最後まで突っ走っていった。

曲明け、最初のMCは、公演時間もあって「こん……にち……は!」とためらい気味の挨拶からスタート。「皆さん、りえしょんの歌、好きですかー!?」との問いかけには文句なしの大歓声が起こるも、なぜか半信半疑で計3回確認して安心……などといった村川らしいひと幕も交えつつ、その声に「たくさんの方が来てくださったんだなっていうのが身にしみます。ありがとう」と感謝。そして直前の「レクイエム -Requiem-」での大歓声に、逆に村川から拍手。「次も大合唱していただければ!」と語られていた。

▼ダンスもバッチリ! 魅せるステージも展開

そしてライブ再開前には、恒例となったファンからの3カウントコールの間で給水を済ませる儀式も敢行。「さーーーん!」でピッタリ(?)3カウントでの給水を終えると、「Re:Emotion」からシリアス曲ゾーンへと突入。ビブラートを伴いながらも、強くまっすぐな歌声を再び響かせる。それを盛り立てようと観客からも大きなコールが上がっていくが、それだけにとどまらずなんとこの曲では、客席の輝きが7つのブロックに分かれて虹色に。

実はこの色分けは、彼女が希望していたもで、それがファン有志の呼びかけによって実現。サプライズは、見事に発動した。その光景を目にした村川は、歌唱中こそキリッとした表情を貫いていたが、後奏では嬉しそうな表情をのぞかせる。ファンによる同様のサプライズは以前にも行われていたものであり、そこからは"喜ばせあいたい"というファンと村川との関係が続いていることがうかがえた。

曲のラストをビシッと決めポーズで締めくくった村川は、続けてシリアスでゴシックな「Night terror」に合わせてダンススタート。サビ明けや間奏ではスーッとした美しい魅せ方のパフォーマンスで魅せ、2サビ明けの間奏での手のフリには凛々しささえも宿す。そんなダンスをしながらでもボーカルの強さは減衰せず、改めてその制御力の向上をうかがわせた。

さらにそこに畳み掛けたのはシンフォニックメタル調の「月のlx」。A・Bメロこそ抜き気味に歌われたものの、サビの直前でその歌声には一気に強さが宿る。差し込むスポットライトに向かって歌う姿も、この曲のタイトルによく似合うものだ。2サビ明けでは村川の腕に合わせてコールが起こりペンライトも揺れ、さらに場内のボルテージは上がる。

その後奏中に村川は降壇。電子的な、それでいてどこか妖しげなinterludeが流れると村川がステージに戻ると、しばしの間ダンスパフォーマンスに力の多くを傾ける楽曲が続く。その1曲目「硝子の扉」から、ダンスに注力した際のポテンシャルの高さを発揮。強くバッキバキなわけではないが、しなやかさと凛とした風格を漂わせながら、キレまくるダンスを披露する。

続く「光のイグジット」では、今度は曲に合わせてパキパキッとした細かいダンスを披露。ジャジーなピアノに合わせたDメロ前のピタッとしたポージングに代表されるようなストップモーションも見事に決め、また別の方向からのダンスパフォーマンスの魅力を感じさせてくれる1曲となった。

ここで再び村川はステージを降り、事前録音によるトークパートがスタート。デビュー曲「Sweet Sensation」のインストゥルメンタルをバックに、Twitterのスタッフ公式アカウントで事前に募集した「どんなときにRiEMUSiCを聴きたくなる?」という質問への回答を紹介していく。「『帰れない場所へ』は歌詞に耳を傾けながら聴くといつでも泣ける」といったストレートな称賛から、「尊みがやばある曲ばかり」と村川ならではの感想も到着。さらに紹介するにつれてそのシチュエーションが限定的になっていくところも、観客を笑わせ和ませた。

マイナビニュース

「魅力」をもっと詳しく

「魅力」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ