18歳の本格派R&Bシンガー・RIRI、世界的プロデューサーを迎えた新作「Maybe One Day」のティザームービー公開

7月13日(金)20時35分 オリコン

18歳の本格派R&Bシンガー・RIRI。

写真を拡大

 2月14日に1stアルバム『RIRI』でメジャーデビュー。その後、高校卒業を期に、語学勉強・音源制作・ダンスレッスンのため、 約3ヵ月の渡米を経験したRIRI。3年連続の出演となる「SUMMER SONIC」や各地夏フェスが続々と決定する中、新作「Maybe One Day」が完成。13日にティザームービーを公開した。

 プロデュースに、数々の世界的アーティストを手掛ける、FRESHとAVEDONというプロデューサーコンビを招き、エモーショナルなメロディ、トロピカルサウンド、ダンスミュージックをミックスさせたサマーアンセムが完成した。

 RIRIは「夏に合うちょっと切なさもあるダンサブルな曲を作りたいね!と生まれたのがこの『Maybe One Day』。青い空と海の似合うこの曲で、みなさんと夏のライブを盛り上がりたいと思っています!!!」とメッセージを送っている。

■プロデューサー・プロフィール

アムステルダム出身LA在住 DJ/Producer。
LAアーティストのみならず、世界各国のアーティストと制作を行う。今までにChris Brown, A$ap Ferg, 2018年ワールドカップのオフィシャルテーマ曲を歌っている。コロンビア出身Malumaなど、幅広くプロデュースを行っている。


NYブルックリン出身のソングライター。過去に4度もグラミーノミネート経歴を持つ。Beyonce, Iggy Azelia, Quavoなどと共作した経歴をもつが、現在はMartin GarrixやKrewellaなどのEDM系アーティストとも共同作業中。

オリコン

「新作」をもっと詳しく

「新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ