湘南乃風、15周年の心境告白 RED RICEは第1子誕生の祝福に感謝も 

7月13日(金)21時10分 オリコン

ドキュメンタリー映画『銀幕版 湘南乃風 ~一期一会~』初日舞台あいさつに登壇した(左から)ダイノジ・大地、RED RICE、SHOCK EYE

写真を拡大

 結成15周年を迎える4人組レゲエグループ・湘南乃風に密着した初のドキュメンタリー映画『銀幕版 湘南乃風 〜一期一会〜』が13日に公開。初日を迎えた同日、東京・新宿バルト9でメンバーのRED RICE、SHOCK EYEが舞台あいさつを行った。

 結成15周年の集大成ともいえるアリーナライブツアーを仕掛ける、湘南乃風メンバーそれぞれの思いや素顔に密着したドキュメンタリー。舞台あいさつではツナギ&タオルの湘南乃風ルックに身を包んだ、お笑いコンビ・ダイノジの大地がMCを担当。湘南乃風の大ファンの大地は、この日が自身の誕生日と明かして「この仕事に運命を感じました!」と喜色満面でタオルを振り回した。

 また、今月3日に第1子となる長男が誕生したばかりのRED RICEは、客席のファンからの祝福に「ありがとう!」と笑顔で応え「湘南乃風のリーダーで、お母さんです。…あの、お母さんなんですけど、ついにお父さんにもなりました!」と、笑いを交え自己紹介。それにSHOCK EYEも「湘南乃風のお父さんです。きょうは夫婦で!」と、重ねて会場を笑いに包んだ。

 15周年を迎えたことにRED RICEは「感謝の一言に尽きる。もちろん10周年の時も感謝を噛(か)みしめていたけれど、それからのプラス5年はそれぞれの思いの錯綜(さくそう)があったり、いつまで続くのか?という気持ちも混ざっていたので、感謝の形も15周年を迎えたことで変わった」としみじみ。

 15周年を迎えるということは、それだけ年齢も重ねてきたということ。「体力が落ちたり、さらなる努力が必要だと思わされた」というRED RICEは「10周年の時に20キロ痩せると言ったけれど、逆に太りました!」と笑わせつつ「今回のツアーが終わるまでには、10キロ体重を落としたい」と宣言した。

 SHOCK EYEも15周年に「まずは感謝」とするも「でもまだファンには素晴らしい景色を見せられていないので、20周年に向けて精進しなければいけない。改めて靴ひもを結ぶ年になった」とさらなる前進の構え。

 劇中ではメンバーそれぞれの心境が赤裸々に語られるが、今回初めてグループとして密着ドキュメンタリーが制作されたことに「メンバーが了解したことに驚いた。昔はピリピリしていた時期もあり、舞台裏とかもきちんとしたものが撮れないのではないか?と思っていたので、すべて断っていたんです」と明かし、時の流れを実感していた。

オリコン

「湘南乃風」をもっと詳しく

「湘南乃風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ