TBS新人アナ4人、イベントでお披露目 緊張の自己紹介&食レポ挑戦

7月13日(金)14時19分 オリコン

初お披露目となったTBS新人アナ(左から)良原安美、田村真子、宇賀神メグ、小林廣輝 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 TBSの新人アナウンサーの良原安美(よしはら・あみ)、田村真子(たむら・まこ)、宇賀神メグ(うがじん・めぐ)、小林廣輝(こばやし・ひろき)が13日、東京・赤坂サカスで行われた『TBS夏サカス2018 デジタル&グルメパーク』に登場。報道陣の前では初となる自己紹介を堂々とこなした。

 良原アナは「私は映画や本が大好きで、特に本が3度の食事と同じくらい好きです。いつか本や映画の魅力を伝える仕事をするのがアナウンサーとしての目標です。憧れているのは『王様のブランチ』です」とにっこり。田村アナも「私は体が小さいことくらいしか特徴がないのですが、これからはTBSのアナウンサーとして大きく大きく成長していけるよう頑張ります。報道からバラエティーまで幅広くいろんなことをやりたいです」とアピールした。

 一方、宇賀神アナは「宇賀神という名前はとても変わっているのですが、覚えていただけたらうれしいです。特技は中学の時からやっているエレキギターで、大学時代は軽音楽部でバンドを組んでいました。ハードロック大好きです。これからはエレキギターをマイクに持ち替えて、一人前のアナウンサーを目指して頑張ります。ラジオ番組や情報番組など、幅広くやらせていただきたいです」と意気込み。

 最後に自己紹介することになった小林アナは「高校・大学時代は、サッカー部のゴールキーパーとして、どんなに難しいボールもキャッチしてきました。早くみなさんの心もキャッチして、信頼されるアナウンサーになるべく精進していきます」と初々しく呼びかけた。その後、同イベント内で発売される商品の食レポにも挑戦した4人。「自分の未熟さを感じた」「緊張して口の中がパサパサになりました」と口々に反省しながらも、華々しいスタートを笑顔で飾っていた。

 同イベントは、あす14日から9月2日まで行われる。

オリコン

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ