カブトムシゆかり、フンコロガシ愛がすぎてフォロワー減る!

7月13日(金)19時15分 RBB TODAY

哀川翔、カブトムシゆかり【錦怜那】

写真を拡大

俳優の哀川翔とタレントのカブトムシゆかりが13日、都内で行われた『大昆虫展 in 東京スカイツリータウン〜みんなでいこう!ソラマチ昆虫祭〜』 (7月14日より9月2日まで開催)プレス発表会に出席した。

 夏休みの恒例となった、子供たちが実際に見て触れて知ることで、さまざまな昆虫に興味を持ってもらうために開催される本展。3度目のアンバサダー就任を務める哀川は、「日本だけではなく、世界にはいろんな虫がいることや、標本を見て、虫ってこんなに綺麗なんだと感じてもらえたら」と呼び掛け。

 また、カブトムシ愛好家としても知られることから、現在は「自宅に300匹くらい。卵を産ませる成虫が40匹くらいで、あとはすごい数の幼虫とサナギがいる」と打ち明けると、「今からどんどん孵ります」と声を弾ませた。

 毎年このような状況のため、人にプレゼントすることも多く、哀川は「ゴルプコンペをやった時に景品でカブトムシをあげたりする」と話すと、「最初は『えっ!?』と驚かれるけど、意外とみんな喜んでいる」とニッコリ。ちなみに、オスとメスのペアでプレゼントしており、「上手いこと交尾させて卵が産まれると、次の年も楽しめる」とカブトムシ飼育の醍醐味を伝えると、今では「カブトムシが欲しいと言ってくる人がいる」と喜んでいた。

 本展の応援大使を務めるカブトムシゆかりのカブトムシ愛も負けてはいないが、この日はフンコロガシ愛がさく裂し、「去年飼育していて、ツイッターにフンを取り合うフンコロガシの動画をアップしていたら、すごい単位でフォロワーの数が減っていったけど、負けじとアップしていました」と報告。

 さらに、「昆虫たちが自然に飛んでいる姿も好きなので、庭でパセリを育てて蝶々を呼んでいます。キアゲハが4匹くらい来て、パセリを食べて育っています」と紹介すると、哀川も「うちのレモンにはアゲハが来るよ。家に来るのは最高ですよ」と頬を緩めていた。

RBB TODAY

「カブトムシ」をもっと詳しく

「カブトムシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ