「違法配信で7000万円」手を出す素人が増える皮肉な構図

7月13日(土)16時0分 NEWSポストセブン

 何年も繰り返されてきた違法コンテンツ配信をめぐる問題が、おさまる気配がない。つい先日も、一人で7000万円も収益を得ていた女性が違法配信で逮捕された。ライターの森鷹久氏が、逮捕者が途切れないにも関わらず、次々と新しい問題配信者が参入する背景についてレポートする。


 * * *

「しかし、個人で7000万円とは驚きました。実はこうした動画配信者について、警察は複数人をマークしていて、今回はそのうちの一人をパクった(逮捕した)ということですが、ビビって辞める奴より“そんなに儲かるのか”と言って新たに参入する人間の方が多いのではないか、そんな懸念はあります」(捜査関係者)


 警視庁は6月26日、アダルトサイトで自身の局部が映ったわいせつ映像を配信していたとして、東京都内の広告業の女(28)を逮捕した。


 女はTシャツやショートパンツなど露出の高い格好で運動を行なうきわどい動画を「YouTube」で配信し、32万人以上のチャンネル登録者を持つ「人気ユーチューバー」だった。その一方、YouTubeでは配信できないわいせつ動画に特化した生配信放送を、本社がアメリカにある企業「FC2」が運営するサイトを通じて行い、3年で7000万円以上の収益を上げていた。


 1分あたり39円から600円を視聴者に支払わせていたようだが、局部を見せたりする以外に“これ”といった見所がない、と本音を漏らすのは実際に件の動画を見たという大手テレビ局記者。


「マスクをしており可愛い感じはありましたが、映像としてはつまらないものでした。ただ、そこが逆に“素人”っぽくて、多くのユーザーに見られていたんだろうと思います。特にネット上では“素人礼賛”的な傾向があり、そんなネットユーザーの好みにハマったのです。人気ユーチューバーが、わいせつ動画配信者である裏の顔を持っているということもほとんど知られていなかったはずです」(テレビ局記者)


 今回、逮捕された女が使用していた道具を警察が公開しているが、映像のプロが使用するような撮影機材は含まれていなかった。「マスクをしていればバレないと思った」という本人の供述通り、彼女はそういう映像づくりという意味では“素人”だったのだろう。 今回、同様の容疑で北海道、愛知、岡山、福岡県の計4道県警が他にも複数の男女らを逮捕しているが、いずれも「FC2」を利用して違法動画を配信していたことがきっかけだ。著作権法をはじめとした法律は日本国内で有効な法律であり、海外でそのまま適用されることはない。それを抜け穴にして、様々な法律に反したコンテンツが配信されてきた。ところが、その抜け穴も以前ほど大きなものではなくなってきたようだ。


 悪いことだと承知して非合法な商売を手がけ、莫大な利益を上げるこうした企業やグループが、今回のような逮捕劇をきっかけに一掃される、というような青写真を描くことはできるのか。都内のアダルトビデオ制作会社関係者の見解は、極めて現実的だと言わざるを得ない。


「売れなくなったAV女優や客が来ない暇な風俗嬢などがメインだった動画配信も、エージェントのような仲介業者が絡んでセミプロのような、それこそ素人に毛が生えたレベルの『自称ユーチューバー』的な女性たちが続々参入しています。一見ニッチなようではありますが、そこそこの利益を上げられるかもしれないという空気が醸成されつつあるこのタイミングで、逮捕とはいえ個人で7000万円も稼いだというニュースが報じられたのです。


 利益を上げられるとなると、個人の判断で参入する素人女性はもちろん、出会い系サイトや婚活サイトを使って組織的に女性を集め、彼女たちを言いくるめてアダルト動画を撮影し、コンテンツとして売りさばく個人、そして“素人集団”も増えるでしょう」


 金儲けの匂いを嗅ぎつけ、二番煎じ、三番煎じの連中が登場することもまた世の常だ。最初はプロの、そして筋モノの「シノギ(仕事)」だった特殊詐欺も、今では中学生が詐欺で得た金の受け子や出し子をするまでになった。金儲けのために違法動画を作成しようという連中が、女性を騙したりするだけでなく、さらに立場の弱い未成年や子供の人権、人格を踏みにじる形で参入する日も遠くないだろう。


 これまでは法の穴を突く「確信犯」によってなされていたことが、検挙されようが金さえ稼げれば多少の実刑は厭わない人たちを呼び込んできた。今度はもっと気軽な、見つからなければ儲けものという軽い動機で違法行為に手を染める人が増えているのではないか。冒頭で例に出した逮捕されたYouTuberの罪状は「公然わいせつ」だが、その刑罰は6か月以下の懲役か50万円以下の罰金。これを足かせと考えるか、儲けと天秤にかけてなんでもないと受け取るのか。


 犯罪への考え方が明らかに違う、普通だったはずの人が増えている。そんな、新たな不安要素についても考えなければならない時代になっているのではないか。当局や大マスコミは犯罪抑止効果を狙って素人による悪事の浅はかさを報じているが、逆効果を生んではいないか。これまでと同じような情報を提示することではない、犯罪を思いとどまらせる方法を編み出す時期になっているのかもしれない。

NEWSポストセブン

「違法」をもっと詳しく

「違法」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ