有岡大貴はお願い上手!? 「下から、下から…というのは意識しているかも」

7月13日(火)4時33分 エンタメOVO

(左から)岩崎う大、有岡大貴、松丸亮吾

写真を拡大

 ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」公開舞台稽および取材会が12日、東京都内で行われ、主演の有岡大貴(Hey!Say!JUMP)、脚本の岩崎う大、謎解きクリエーターの松丸亮吾が出席した。

 有岡が企画・プロデュースも務める本作は、「演劇」と「謎解き」を掛け合わせた観客参加型の新感覚演劇。観客は、スマートフォンなどのツールを使って主人公アシタ(有岡)の謎解きを手伝いながら、共に結末に向かっていく。

 開幕を目前に控え、有岡は「何もない状態から作品作りに参加して、いろいろ学ばせてもらった。今はようやく初日を迎えられる、という安心した気持ちです」と笑顔で心境を語った。

 物語に登場する「謎」を制作した松丸は、制作過程で有岡からさまざまな要望があったことを告白。「理想とするものが結構高い。でも有岡くんは“お願い上手”で、有岡くんから『ここ、もうちょっとできたりしないかな?』と言われると、僕も、う大さんも絶対『NO』と言えなかった」と明かして笑わせた。

 岩崎も「上手ですよね〜」と同意しながら、「ジャニーズの人って、みんな上手なの?」と質問。有岡は「そうですね。高圧的にお願いする人たちを見て育ってきたので、それを反面教師として、下から下から、謙遜しながら…というのは意識しているかもしれません」と返して笑いを誘った。

 また、「メンバー全員、舞台を見に来てくれると思う」と話した有岡。「謎解きが得意なメンバー」としては「知念(侑李)」を挙げ、「苦手そうなメンバーは?」と問われると、「山田(涼介)です。意外と頭が硬い。山田にはぜひ挑戦して、頭を抱えてもらいたい」と語った。

 舞台は、7月12日〜8月8日、都内・東京グローブ座で上演。その後大阪公演を予定。

エンタメOVO

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ