サイゼ広報もギブアップ! 「ムズすぎ」間違い探しが本に

7月14日(土)8時0分 J-CASTニュース

「サイゼリヤのまちがいさがし」(新星出版社)

写真を拡大

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」が、子供向けメニューに掲載している間違い探しが書籍になった。2018年7月13日発売の『サイゼリヤのまちがいさがし』(新星出版社)だ。

同社の間違い探しは、以前からネット上などで「難しすぎる」「大人でも手に負えない」などと有名だった。たびたびサイゼリヤを利用するJ-CASTニュース記者も、実はこれまでに1度も全ての間違いを見つけられたことがない。



こうした間違い探しの評判について、同社はどう捉えているのか。また、今回の書籍化の狙いはどこにあるのか。サイゼリヤ広報に取材した。



発案者は現社長




話題の書籍は、過去にメニューに登場した間違い探し8問に加え、新たに考案された3問を収録。価格は599円(税別)で、サイゼリヤの豆知識やレシピ情報も紹介している。



「まちがいさがし」の歴史は2005年までさかのぼる。当時、商品企画部長だった堀埜一成(ほりの・いっせい)現社長を中心に企画され、子供向けメニューに間違い探しを掲載することが決まったのだ。



基本的に、問題は年に数回のペースで更新されており、これまでに登場したのは20作以上。いずれも、サイゼリヤに関する2つのイラストから、10個の違いを探すという形式になっている。



その特徴は、とにかく全ての間違いを見つけるのが「難しい」ことで、大人でも匙を投げてしまうケースもしばしば。実際、ツイッターやネット掲示板には、問題に挑戦したユーザーから、



「1時間がんばったけど8個しか見つからなかった」

「サイゼリヤの間違い探し鬼畜すぎw 家族全員で探したけど見つかんなかった」

「『間違いが10コ』というのが間違いなんじゃないか、と本気で疑ってしまう」


など、悲鳴のような書き込みが定期的に寄せられている。



さらに、ツイッターの検索欄に「サイゼリヤ」と入力すると、予測関連ワードのトップには「間違い探し 答え」の文字が(18年7月11日現在)。それだけ、解答を知りたがるユーザーが多いということだ。




「子供の方が早く見つけられることも多い」




実際のところ、サイゼリヤ側は「難しすぎる」というネットの反応をどう捉えているのか。J-CASTニュースが13日、同社広報担当者へ取材すると、



「確かに、意図的に見つけにくい間違いを2〜3個入れています。難易度については何とも言えませんが、実は私も全部の間違いが見つけられず、途中でギブアップしてしまったことが何度もありまして...」


と笑いながら話す。



担当者は続けて、「大人でも難しいと言われていますが、実は子供の方が早く見つけられることも多いです」とも。大人のように「この辺りに間違いがあるはず」などの先入観がないだけ、子供の方が間違いに気がつきやすい傾向があるらしい。



そもそも、なぜ間違い探しをメニューに掲載しているのか。担当者によれば、食材へのこだわりなどをイラストにまとめ、それを間違い探しにすることで、客に楽しんで貰いながら同社の思いを伝えることが狙いだという。



そのため、今回の書籍に掲載した作品も、



「弊社の食材や商品に関するものを選びました」(広報担当者)


という。間違いの箇所を考えているのは専門のクイズ作家ではなく、商品企画部の担当者だそうだ。



Amazonランキングでも1位に




今回の書籍化の経緯について担当者は、



「かねてより、ネットなどでサイゼリヤの間違い探しが『難しすぎる』と話題になっていることは把握していました。そこに、新星出版社の方から書籍化のお話を頂きました。こちらとしても、当社の食へのこだわりなどをご紹介できればいいかと思い、出版にいたりました」


と説明した。



なお売上も好調なようで、通販サイト「Amazon」の書籍売上ランキングでは、「クイズ・パズル・ゲーム」カテゴリで1位。総合部門でも9位となっている(順位はともに13日16時現在)。

J-CASTニュース

「間違い」をもっと詳しく

「間違い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ