「エロののか最高!」おのののか、セクシーオフショットに絶賛の声...新ドラマでもインパクトを与えられるか

7月14日(木)10時0分 メンズサイゾー

 可愛らしいルックスとグラビアで見せるセクシーな姿で人気のタレント・おのののか(24)。バラエティ番組などでの姿から「男に媚びてる」「あざとい」と同性からバッシングを浴びることもあるが、彼女に魅了される男性は多い。


 発売中の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)でも色っぽいグラビアを披露しているおの。バストの谷間や太ももをあらわにしている彼女には、ネット上のファンから「可愛くてエロい!」といった絶賛の声が上がっている。


 また、12日には自身のInstagramで今回のグラビア撮影時のオフショットを公開。無造作なヘアスタイルで壁にもたれ、黒のブラジャーを半分見せた状態の写真を4枚組み合わせて披露した。これにも「エロののか最高!」「けしからんほど美しい」「色気ありすぎ」などと興奮したコメントが寄せられている。セクシーな表情を浮かべている悩殺ショットに多くのファンが魅せられたようだ。


 そんなおのといえば、17日スタートの新ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)に出演する。そのため今回の画像を見たファンからは、ドラマへの応援メッセージなども送られている。一部からは「なぜ、おのが?」と厳しい声も上がっているが...。


 このドラマは、主人公が赤の他人に人生を乗っ取られる本格サスペンス。主演は藤原竜也(34)で、ヒロインは二階堂ふみ(21)が務める。人気急上昇中のイケメン俳優・志尊淳(しそん・じゅん/21)や、久しぶりの連ドラ出演となるヒロミ(51)といった豪華キャストでも注目を集める話題作だ。


 そんな作品にレギュラー出演するおのといえば、NHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などへの出演経験はあるものの、バラエティタレントといったイメージが強い。女優としてのキャリアが浅いため、ネット上のドラマファンは今回の彼女の起用に疑問を持ったようだ。


「おのさんの女優イメージは薄いと思いますが、昨年公開の映画『呪怨−ザ・ファイナル−』では物語のカギを握る重要な役どころを演じていた。当時のインタビューでは、初の本格的な映画出演について『できるのかな...』と不安をのぞかせていましたが、フタを開けてみれば、落合正幸監督に『恐怖を伝える目力が圧倒的』と絶賛されていました。作品を見た人もTwitterに『おのののかの表情が忘れられない』といったコメントを寄せていたので、観客にもインパクトを与えたようです。


 新ドラマは本格的なミステリーで、おのさんが演じる役は主人公の母親の介護をしているヘルパー。詳細な人物設定は不明ですが、勘が鋭い女性とのことで、物語の謎を解くヒントを出すポジションなのかも。そうなればかなり重要な役柄と言えますから、おのさんにも注目が集まりそうです」(芸能ライター)


 女優として活躍する菜々緒(27)に憧れ、現在の事務所に入ったというおの。これまでの雑誌インタビューでも、女優としての活躍が目標だと語っている。セクシーなグラビアショットで話題の彼女には、ドラマでもファンの視線を釘づけにしてほしいところだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「おのののか」のニュース

BIGLOBE
トップへ