「控えめに言って変態」倉持由香、官能的な目隠しランジェリー姿に男性ファン大興奮

7月14日(土)10時0分 メンズサイゾー

 100センチのむっちりヒップの持ち主で「尻職人」の愛称でも知られるグラビアアイドルの倉持由香(26)が、発売中の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)のグラビアに登場。過激すぎるオフショットも公開され、男性ファンの熱い視線を浴びている。


 同グラビアは「おしり」と直球の題名がつけられ、さらに「大反響の撮り下ろしエロス」とのキャッチコピーが踊っており、倉持の同誌登場が大好評であることを示唆。その期待に応えて、倉持は限界ギリギリの艶姿を披露している。


 また、倉持は13日付の自身のTwitterで「本日発売の『FRIDAY』に以前掲載されたのと別カットのグラビアが7ページ掲載されてます〜〜!!!! お尻のどアップだったりなかなか官能的なのでぜひゲットしてね!!!」と告知しながら4枚のオフショットを投稿した。


 いずれも過激なランジェリー姿で、ほとんどTバック状態になって自慢のお尻を強調。椅子に腰かけながら開脚している挑発的なカットや、バックの体勢でお尻を突き出した写真など、男の本能を刺激する超セクシーショットばかりだ。


 下着姿で目隠しをされたSM風の超過激ショットや、その状態で床に転がされた妖艶すぎるカットなどもあり、かなり官能的で背徳的なエロス感にあふれている。


 これにネット上の男性たちから「お尻のラインがたまらない」「卑猥なお尻だ」「控えめに言って変態」「お尻を叩きたくなる!」「この世のモノとは思えない見事な流線形」などと興奮気味のコメントが続出。大人のエロスを感じさせる衝撃グラビアに若干戸惑いつつも、その色気に魅了された人が多いようだ。


 倉持といえば、ネット上で自撮りグラビアを発信する「グラドル自画撮り部」の部長としても知られ、その活動をきっかけに「尻職人」としてブレイク。グラビア界に一大ムーブメントを巻き起こし、ネット発の人気グラドルの筆頭格になっている。現在はTwitterのフォロワー数が30万人を軽々と突破しており、ネット人気の高さはグラビア界屈指だ。


 今月、Twitterでは「偽アカウント」の一斉削除が実施され、アイドルや有名人のいわゆる「フォロワー水増し」が暴かれることになった。数万〜数十万単位でフォロワーが激減したアイドルや有名人がいる一方、倉持は「5000人くらい」のフォロワー減だったことを発表。30万人以上のフォロワーを抱える彼女のアカウントでその程度であれば「水増し」の可能性は一切考えられず、ネット人気の高さが「本物」であることを証明したともいえる。


 倉持は売れっ子になっても変わらずにSNS上で自画撮りセクシーショットを投稿しており、サービス精神の旺盛さは加速するばかり。それがファンからの支持につながり、ブレイク後も安定した活躍ができる状況が生まれている。


 芸能界ではブレイク後にグラビアを卒業してしまうケースも多々あるが、倉持は「私はグラビアに生きて、グラビアで死にたい」と“生涯グラドル”を宣言している。これからも「グラビア」という軸は一切ブレさせず、自慢のヒップを武器に大活躍してくれそうだ。


(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「倉持由香」をもっと詳しく

「倉持由香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ