仲村トオル、役柄なりきり「何とか砲は打たないで」

7月14日(土)7時37分 日刊スポーツ

自身が演じる樫村徹夫として会見に臨む仲村トオル(撮影・遠藤尚子)

写真を拡大


 仲村トオル(52)が13日、東京・六本木のテレビ東京で、主演連続ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(16日スタート、月曜午後10時)の会見に出席した。
 飲食チェーンの社長に転身した元銀行マンが、会社再生に奮闘する姿を描く。仲村は「樫村徹夫社長」として役柄そのままに登壇。苦境に立たされた自社の状況を説明すると「難局を解決していくために、記者の皆さんにはぜひ援護射撃をしていただきたい。正面から“何とか砲”を打たないで」とジョークを交えてドラマをPRした。椎名桔平和田正人大谷亮平、勝村政信、水野美紀、長谷川京子、町田啓太も登壇。

日刊スポーツ

「仲村トオル」をもっと詳しく

「仲村トオル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ