南キャン・山里、電車で「ワザとぶつかる」行為に怒り 「相手を選んでいる」

7月14日(日)11時31分 しらべぇ

電車内に防犯カメラ(oneinchpunch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日放送『ひねくれ3』(テレビ東京系)で、電車内での迷惑行為について議論。「ワザと体当たり」「音漏れ」に対して、南海キャンディーズ山里亮太三四郎小宮浩信らが怒りを滲ませた。

 

◼ワザとぶつかってくるのは…

40代の男性は「混んでいる電車内で移動する人に腹が立つ。身体をぶつけながら移動するのが他人に迷惑だとは思わないのでしょうか?」と山里らに相談する。

これを受け、ハライチ・岩井勇気は「他人に迷惑をかけてもいいと思っているヤツがいる。そういうヤツは治らない」と諦め気味だったが、山里はヒートアップしながら「一番腹立つのはぶつかる相手を選ぶこと」と指摘。

「だいたい女性か、『こいつなら勝てる』って相手にはガンガンぶつかっていく」と自分より力の弱そうな相手だけを選び、ワザとぶつかっていると怒りを爆発させた。

 

◼音漏れにも辟易

ここから、車内でのイヤホンからの音漏れ問題にも言及していく。

山里は「ときどき音漏れすぎて、コイツがスピーカーなんじゃないかって人がいる」と、車内での音漏れに辟易。小宮も「えてしてハードロックが多い。ハードロックにも迷惑」と持論を展開すると、乃木坂46・秋元真夏は「逆に音漏れの音にノッて相手に気づかせたら」と解決案を提案する。

しかしそれで相手が音漏れだと気づいたとしても、「ハイタッチして終わる」と岩井は反論。小宮も「一味だと思われる」と、根本的な解決にはならないことを主張した。

◼視聴者も共感

電車など公共の場で自分勝手な行動をすれば、周囲は迷惑を被る。視聴者も心あたりがあるのだろう、山里らの主張に関心を寄せている。

 

◼電車内でのイライラ行動は?

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,093名を対象に「電車でイラっと行動」について調査。やはり「ぶつかってくる」「音漏れ」はイライラする行動の上位だと判明している。

自分本位な行動や態度は、周囲からすれば決して気持ちの良いものではない。密閉された電車内なら、そういった行為は悪目立ちしてしまうはず。公共の場だからこそ、自分の行動には余計に気を使わなければならないだろう。


・合わせて読みたい→南キャン・山里の「嫌いな先輩からの誘いの断り方」が秀逸 行きたい雰囲気を最大限に出して…


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日

対象:全国20代〜60代の男女1,093名(有効回答数)

しらべぇ

「電車」をもっと詳しく

「電車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ