フリマアプリ トラブルを避けるための買う時のコツ

7月15日(金)7時0分 NEWSポストセブン

大人気のフリマアプリ「メルカリ」(公式HPより)

写真を拡大

 冷蔵庫555円、炊飯器1280円、2人掛けソファ999円──これらは全部、フリマアプリ『メルカリ』に最近出品された商品だ。実際の相場よりグンと安く売られているものがある一方、コンビニの割り箸50本で300円、ペットボトルキャップ50個400円、使いかけのファンデーションが1100円と、「これも売り物になるの!?」と思うようなものが次々と売れていく。つまり、フリマアプリを使えばいいものを安く買えて、いらないもの、捨てようと思っていたものをお金に換えることができるのだ。


 そもそも、フリマアプリとは何なのか。ネットオークション歴12年、ヤフオクやメルカリを利用して月5万円稼ぐカリスマ主婦で、『オールアバウト』ネットオークションガイドの川崎さちえさんは次のように説明する。


「自分がいらないものを売ったり、欲しいものを安く買ったりできる、いわゆるフリーマーケットをスマートフォンのアプリを使ってインターネット上でできるサービスです。メジャーなのは、総合フリマアプリ『メルカリ』ですが、他にも、女性限定のフリマアプリ『フリル』や、ゴルフ用品専用の『ゴルフポット』、同人誌やフィギュア専用の『オタマート』などいろいろあります」


 実は今、このフリマアプリ市場が急速に拡大している。メルカリ広報の中澤理香さんはこう話す。


「下は10代から上は60代までと幅広い世代の人に利用していただいています。2013年から始めて3年がたちますが国内で3000万ダウンロードされています。1日に出品される商品の数は50万品以上にものぼります」


 複数の購入希望者がいれば、価格が上がっていくネットオークションに対し、フリマアプリはメッセージをやりとりし、値段交渉することが可能。売り手も買い手もお互い納得できるまで何度もやりとりできるのも特長だ。


 とはいえ、なんとも面倒くさそうと思う人もいるだろう。しかし、そうではないらしい。前出の川崎さんはこう力説する。


「これまでとは違い、スマホを使って誰でもできる、簡単な操作で売ったり買ったりできる手軽さがウケています。しかも洋服からDVD、家電まで何でも取り扱う幅の広さ。面倒くさがっていてはもったいないですよ」


 出品までの手順は簡単だ。例えば、『メルカリ』ならアプリを立ち上げて出品ボタンを押すと、カメラが起動するので出品する品物の写真を撮影。その次は説明文と値段などを入力したら、「出品する」ボタンを押すだけ。3分もあればできてしまう。商品についての質問や、値下げ交渉は売り手と買い手が直接行うが、お金のやり取りは、メルカリを通じて行われるので安心。また匿名での取り引きも可能だ。



「買う時の2大トラブルは商品が届かないことと送られた商品が写真と違うこと。そうした“事故”を避けるには出品者の評価をマメにチェックするのが前提になります」(以下「」内は川崎さん)


『メルカリ』では、取り引きが成立すると、購入者と出品者、お互い評価を付け合う仕組みがある。商品に不備がなかったか、発送状態が悪くなかったか、入金に遅れがなかったかなどを総合的に判断し、「良い」「普通」「悪い」の3段階で評価しているので参考にしたい。また、購入を検討している人が出品者に質問できる「コメント欄」も確認すること。


「汚れや傷の状態など、自分にとって不利な質問に誠実に答えているか、質問への返事が1週間後になるなど、大幅に遅れていないかなどに気をつけて見れば、出品者が信用できるかわかります」


 さらに、写真を見て商品に傷や汚れ、色あせがないかまでチェックしよう。商品アップの写真やそれと角度違いの写真、数種類が載っていたら細かく見ておきたいところだ。


「新品以外で、傷や汚れが写った写真を全く載せていない商品は、やめたほうがいい。例えば靴なら数回しか履いていなくてもヒールやつま先に傷がつくもの。それを掲載しないというのは、少し不自然です」


 もしも不明なことがあれば、出品者に質問すること。


「不具合はないか、傷はないかなど気になったことはとにかくコメント欄で聞くこと。購入時期、何回くらい使ったのかなども商品の説明文に載っていなかったら確認しておいて損はありません。質問するだけならタダですから」


 また、全出品商品から品目やブランド名で検索できるので、安く出品されている同じジャンルの商品を探して、買うことも可能だ。


※女性セブン2016年7月28日号

NEWSポストセブン

「フリマアプリ」をもっと詳しく

「フリマアプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ