『君の膵臓をたべたい』女優・和久井映見さん、ヒロインの母親役で劇場アニメ声優初挑戦! 本予告・本ポスタービジュアルも解禁

7月16日(月)12時0分 アニメイトタイムズ

▲公開された本ポスタービジュアル

写真を拡大

住野よる氏の人気小説を原作とする、劇場アニメ『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』が、9月1日(土)より全国公開。このたび、ヒロイン桜良を支える母親役の声優を、女優の和久井映見が務めると判明しました!。

しかも和久井の長いキャリアの中でも、初めての劇場アニメ声優挑戦。声だけでどんな母親を表現するのか注目が集まります。

そしてその和久井さんや豪華声優人のボイス入り本予告が解禁。和久井さんやが制作プロデューサーからのコメント、本ポスタービジュアルも公開されたので、あわせてご紹介しましょう。予告編公開!


予告編の見所はコチラ!

★今回、母親役を務める女優の和久井映見さん。和久井さんといえば、山田洋次監督『息子』(91)、金子修介監督『就職戦線異状なし』(91)、松山善三監督『虹の橋』(93)で数々の映画賞を受賞し、本格的に映画デビューを飾ると、次々に主演ドラマや映画に出演して確固たる地位を築いてきた女優。昨年のNHK人気連続テレビ小説「ひよっこ」では、主人公が過ごす寮の舎監役を演じ、ドラマの中でも人気の高いキャラクターとなり話題となりました。

★本予告の中で和久井さんのセリフは一言のみですが、包容力のある温かい優しい声を披露。そしてさらに、ヒロイン桜良の親友の恭子役・藤井ゆきよさん、桜良の元彼の隆弘役・内田雄馬さんの声も初解禁です!

★いつもひとりで過ごしてきた高校生の「僕」と正反対の、天真爛漫なクラスの人気者の桜良。予告編の冒頭ではお互いに「正反対の性格」であることを認め、逆にそれを楽しんでいる爽やかな2人の姿が描かれます。そして後半では、一転して高校生ながらも桜良の身近に迫りつつある「死」を予感させる映像に。2人の距離感が、徐々に変化していることが垣間見えます。

★人気ロックバンド「sumika」が、OPテーマ「ファンファーレ」・主題歌「春夏秋冬」・劇中歌(※劇中歌の楽曲のみ未発表)の全3曲を描き下ろすことでも話題になっている本作。先日解禁したOPテーマ「ファンファーレ」に続き、今回解禁となった本予告では、主題歌「春夏秋冬」の一部も初お目見え! 一瞬一時の青春の輝き、切なさが1曲に凝縮したような楽曲に仕上がっており、主題歌が感動的な物語を更に盛り上げてくれそうです。

キャストコメント
●和久井映見さん(桜良の母役)コメント
青春の煌めきの中、生きること。誰かを思いながら「今を生きる」こと。生ききること。そして、生き続けること。グッと考えさせられ、せつなくなりました。参加させていただけてとても幸せです。たくさんの方にご覧いただけますように・・・制作プロデューサー:和久井さん起用理由コメント
●制作プロデューサーコメント
桜良の母の声に求めていたのは、そのものが感情になる様な、心に深く届く声、でした。声だけで"娘の未来の死を包み込む優しさ""観客が一緒に泣ける親近感"といった感情が感じられる方を探す中で、自分自身、過去に観た、『ひよっこ』永井愛子役の辛い中でも前を向く温かい芝居や、『ちりとてちん』和田糸子役の母親の包容力を感じる優しい芝居で感動したことを思い出し、それらを演じられている和久井映見さんが、最も桜良の母にふさわしいと思いオファーさせて頂きました。

アニメイトタイムズ

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ