読売テレビ新人・佐藤佳奈アナが“初鳴き”「心臓がバクバク」

7月16日(火)13時13分 マイナビニュース

読売テレビ新人の佐藤佳奈アナウンサーが、13日に放送された同局の『NNNストレイトニュース』(土曜11:25〜)で、ニュース読みのデビュー“初鳴き”を果たした。

この日のニュースは、保釈中の男の逃走・逮捕を伝えるニュースで、佐藤アナは緊張の面持ちでニューススタジオに入りながらも、そつなく全ての原稿を読み終え安堵(あんど)の表情。

本番後には、「大きな失敗なく初鳴きを終えることができてホッとしています。朝、同期の皆から応援の連絡が届き、本番5秒前にはテレビの向こう側にいる同期の姿を思い浮かべました。ニュース卓に着いた途端に心臓がバクバクし始めて、手のひらに人の字を書いて飲んで心を落ち着かせました。この日を迎えられたのは、たくさんの方の支えがあったから。周りの人への感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです!」と、力強くコメントした。

そんな佐藤アナは、日本テレビ系列でこの秋放送される『ラグビーワールドカップ2019日本大会』を盛り上げる読売テレビの“ラグビーワールドカップNNS応援サポーター”に就任することが決定。ラグビーの魅力、日本代表の活躍を、読売テレビの局キャラクター・“社忍”のシノビーと共に発信していく。

マイナビニュース

「読売テレビ」をもっと詳しく

「読売テレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ