「仮面ライダーアマゾンズ」大人向け変身ベルト登場 人喰い欲求を制御する腕輪型装置も付属

7月16日(火)12時30分 おたくま経済新聞


 ネット発の特撮ドラマ「仮面ライダーアマゾンズ」より、3人のライダーに変身できる大人向け変身ベルト「CSMアマゾンズドライバー」がバンダイから発売されます。

 過去発売された「DXアマゾンズドライバー」が全長約17.8cmなのに対し、本製品は全長20.5cmと大幅にサイズアップ。さらに、グリップ部分にはダイキャストを使用することで劇中の重厚感が再現されています。



 「仮面ライダーアマゾンズ」は、ネット発の作品として制作され、2016年からAmazon他にて2シーズン配信されている作品。

 主人公の水澤悠(演:藤田富)が「仮面ライダーアマゾンオメガ」、鷹山仁(演:谷口賢志)が「仮面ライダーアマゾンアルファ」に変身して、「アマゾン」と呼ばれる人を襲う人工生命体と戦うのがこの物語の主軸。

 しかし、描き方はTVシリーズとは一線を画し、TVシリーズでは表現されない残酷描写をはじめ、濃密な人間ドラマ、そして過酷とも言えるストーリー展開により、TVシリーズとは全く異なるダークな魅力を放った意欲作です。

 そして2018年には劇場版「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」を公開。この劇場版が、シリーズ完結作の位置づけとなっていますが、終了から1年経過しても人気は根強く、ネットでは未だファンから、続編を求める声や、作中に登場する駆除班たちを中心としたスピンオフの制作を求める声などがささやかれています。

 なお、今回発売される、「CSMアマゾンズドライバー」には、「アマゾンズドライバー本体」と「仮面ライダーアマゾンオメガ」「仮面ライダーアマゾンアルファ」「仮面ライダーアマゾンシグマ」の3人に変身可能な各コアパーツがセットされています。

 さらに悠がアマゾンオメガに変身する際の特徴的な充血発光を再現した「アマゾンオメガ用コアパーツ(充血ver.)」、手鎌状の武器である「アマゾンサイズパーツ」、アマゾン達の人喰いの欲求を制御する腕輪型装置「アマゾンズレジスター」も付属。



 本商品の、予約受付は、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、2019年7月16日11時にスタート。商品価格は2万7500円(税込/送料・手数料別途)で、商品お届けは2019年12月を予定です。

(C)石森プロ・東映

情報提供:株式会社バンダイ

おたくま経済新聞

「アマゾン」をもっと詳しく

「アマゾン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ