ドランクドラゴン・鈴木拓、『はねトび』への思いを語る「本当に守りたくなかった」

7月17日(火)15時0分 AbemaTIMES

 12日に『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)が放送され、ドランクドラゴン鈴木拓がかつて出演していた『はねるのトびら』の思い出について語る一幕があった。

 今回、番組では「人狼ゲーム」をモチーフとした「人亀(じんかめ)ゲーム」を行うことに。このゲームに参加した9人の中には、服の下に亀甲縛りをしている「人亀」が2人おり、参加者は話し合いをしながら「人亀」が誰なのかを推理していくという、高度な心理戦が求められるゲームだ。


 ゲーム中、「人亀なのではないか?」と疑われる流れになってしまった鈴木。必死で人亀ではないと弁解するも、丸山桂里奈から「身体があんまり動いてない感じがしたんです」と、亀甲縛りのせいで身体をうまく動かせないのではないか? とツッコまれてしまう。

 これに対し鈴木は、「番組を守りたい(という気持ちがあった)。それで動いてなかっただけ」と、バラエティー番組的な盛り上がりを意識し、あえて動いていないのだとアピールする。


 これを聞いた加藤浩次は、「番組のことを守りたい? それ拓から『はねトび』出てるときに聞いたことねぇな?」と斬り込む。すると鈴木は「『はねる』だけは本当に守りたくなかったんです!」と言い捨て、スタジオの笑いを誘った。

 そんな鈴木の爆弾発言に、他の参加者からは「(テレビで言って)大丈夫ですか?」と、逆に心配されてしまう事態に。しかし、その素直さを買われたのか鈴木の「人亀疑惑」は晴れ、無事に最終局面まで残ることができた。


▶︎『極楽とんぼKAKERUTV』はAbemaビデオにて配信中


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「鈴木拓」をもっと詳しく

「鈴木拓」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ