DISH//矢部昌暉の若手サラリーマン役に「こんな後輩ほしい」の声

7月17日(火)10時33分 AbemaTIMES

 7月14日(土)夜10時よりAbemaTV(アベマTV)のAbemaGOLDチャンネルにて特別番組『DISH//の恋するドラマディッシュ〜あなたの妄想をドラマ化します〜』が放送され、メンバーの矢部昌暉が可愛らしい後輩男子を演じて話題となっている。

 同番組は4人組ダンスロックバンド・DISH//が、7月11日にニューシングル「Starting Over」をリリースすることを記念したもの。番組では、視聴者から事前に募集した“DISH//に演じて欲しい妄想シチュエーション”を題材に、DISH//のメンバー自らがドラマ制作会議を行い、演じる作品を決定。数々のヒット番組を手がける放送作家・鈴木おさむ氏の演出のもと、メンバーが主役となったドラマを制作した。

 リードギターとコーラスを担当する矢部。メンバーの中でも最年少で、メンバーからも太鼓判を押されるほどの可愛さを持つ矢部が演じることとなったのは、そのキャラクターを活かした”後輩男子”。決定したシチュエーションには、女性上司のパンツを見てしまい、「パンツ見えなかった?」と言われるというシーンもあり、「この先輩いいね!」「先輩役のオーディションを立ち会いたい」とメンバーも大興奮。

 撮影では、「女の子心をくすぐる可愛い後輩になれればいいなと思います」と意気込む矢部だったが、肝心のパンツを見てしまうというシーンではドギマギしているよう。

 そして完成した矢部のドラマは、おっちょこちょいでドジな主人公が女性上司に目をつけられるところからスタート。ある日、女性上司は部長に怒られてしまい、プロジェクトメンバーたちの残った仕事まで引き受けて残業することに。そんなことを知らずにいた主人公は続けていた“ある日課”をするためにオフィスに忍び込み、女性上司と鉢合わせしてしまい…。そんな主人公と女性上司の爽やかでちょっぴりドキッとする結末には、「こんな後輩ほしい」「爽やかやなぁ〜こんな後輩おったら毎日楽しいわ」「めちゃめちゃ可愛いやんけ」などのコメントが寄せられた。


 さらに、メンバーも注目していたパンツを見てしまうシーンには、「パンティーパンティーパンティー」「かわいい、まじかわいいwww」「これはまさきだから許せる」「やっぱり見てるwww」「昌暉のパンティって言いかけたとこまじ可愛かった」と絶賛の声があがっていた。

 今回は、持ち前の可愛らしさを全開にし、“可愛い後輩”を演じきった矢部。「次回は、主人公には不向きだけど、パニックホラー作品の仕切り役」とピンポイントでやりたい役を明かしており、次回作にも期待が寄せられる。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】DISH//の恋するドラマディッシュ〜あなたの妄想をドラマ化します〜

AbemaTIMES

「後輩」をもっと詳しく

「後輩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ