【D23】建設中『スター・ウォーズ』ランド、正式名称が「Star Wars Galaxy’s Edge」に公式決定

7月17日(月)17時0分 シネマカフェ

「D23 Expo」(C)Disney. All rights reserved.

写真を拡大

LAアナハイムで開催中のディズニー最大ファンイベント「D23 Expo」で7月15日(現地時間)、同社パーク&リゾート部門のプレゼンテーションが行われ、現在建設中の『スター・ウォーズ』ランド正式名称が「Star Wars Galaxy’s Edge」に決定したとの発表があった。

ウォルト・ディズニー パーク&リゾートのチェアマン、ボブ・チェイペック氏は、現在カリフォルニアのディズニーランド・リゾートとフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドに建設中で、2019年に開園予定の『スター・ウォーズ』がテーマのエリアが、「Star Wars Galaxy’s Edge」に正式名称が決定したと発表。2種類の巨大アトラクションがあるという。

最初に紹介があったアトラクションは、ファースト・オーダーとレジスタンスの戦闘の渦中、スター・デストロイヤーに乗り込み、『スター・ウォーズ』の世界を体感するというもの。もうひとつはミレニアム・ファルコンにゲストが乗り込み、同じく『スター・ウォーズ』の世界を体験していくもので、両方ともライド系の大型アトラクションになる予定。

また、同エリアではBB-8やチューバッカなどの大人気キャラクターたちと遭遇するほか、あのカンティーナを再現した飲食施設も登場するなど、同映画のファンの注目を大いに集めそうなコンテンツがそろう。「Star Wars Galaxy’s Edge」は、カリフォルニアで2019年、フロリダでは2019年の後半にオープンの予定。なお、具体的な日付の発表はなかった。

「D23 Expo」は7月14日〜16日(現地時間)にアナハイムにて開催中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

建設をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ