女優の生田悦子さん死去 「白い巨塔」などに出演

7月17日(火)16時33分 J-CASTニュース

ドラマ「白い巨塔」の出演などで知られる女優の生田悦子さんが、虚血性心不全により、2018年7月15日、都内の病院で亡くなった。71歳だった。生田さんの所属事務所、丸高ソルトアースが17日、公式サイトで発表した。

発表によると、生田さんは持病や通院などがなく、夫と普段通り生活していた。しかし、15日の午前、就寝中の異変に夫が気づき救急車で病院に搬送されたが、帰らぬ人となった。



故人の遺志により近親者のみで執り行われる。後日、お別れの会が開かれる予定だ。



生田さんは福岡県の出身で、1963年に準ミス平凡に入選。66年に松竹に入社して以降、テレビや映画で活躍する。78年から放送が始まった「白い巨塔」(フジテレビ系)では、田宮二郎さん演じる財前五郎の妻を好演した。バラエティ番組にも進出し、「欽ドン! 良い子悪い子普通の子」(フジテレビ系)にも出演した。

J-CASTニュース

「生田悦子」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ