TBS、W杯決勝後に「カッコいい選手」企画 司会の加藤浩次「総集編見たかった」

7月17日(火)19時51分 J-CASTニュース

「ビックリなんだよー。こんな企画を最後にやるかっていうのが」。大のサッカー好きタレント・加藤浩次さんが、サッカーロシアW杯閉会後の生放送番組(TBS系列)で、番組の企画内容にそうモノ申した。

W杯期間中、同局の中継でメインキャスターを担当。番組で大会の「総集編」を放送すると思っていたが、どういう訳か「日本国民が選んだ歴代カッコいい選手ランキング」——。加藤さんのこうした疑問に、ツイッターでも共感の声が相次いでいる。



竹内涼真も「ビックリしてます」




2018年7月16日放送の「日本国民が選んだ歴代カッコいい選手ランキング」では、世界各国のサッカー選手から「カッコいい」と思う選手を街中で調査し、ランキング形式で1〜50位を発表した。



番組の司会は、加藤さんと、TBS系列のW杯中継でスペシャルサポーターを務めていた俳優・竹内涼真さんだ。日本代表の川島永嗣選手らもゲストで出演した。



番組では冒頭、VTRで20〜16位の顔ぶれを紹介。日本代表の大迫勇也選手、西野朗監督、サッカー解説者の中山雅史さん、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手、日本の香川真司選手がランクインした。



その後、画面は生放送のスタジオへ切り替わる。出演者全員の拍手でひとしきり場をあたためた後、司会席の加藤さんはこんな一言で切り出した。



「日本人が選ぶ歴代カッコいいサッカー選手ランキングということで、ね、きょうフランスが優勝決まったんですけど、TBSはトリッキーな企画で始まりました」


スタジオから笑い声がもれる中、加藤さんは真剣な面持ちで「きょう僕、総集編を絶対見れると思っていたんですけど、こういったトリッキーな企画で、竹内くん、ビックリしているんだよねー」と質問。竹内さんも「ビックリしてますね」と冷静沈着に返答した。



続けて、加藤さんはさらに大声を張り上げる。



「ねー。ビックリなんだよー。こんな企画を最後にやるかっていうのが。私、きょう聞いて本当にビックリしているんです! なぜなんだ!!」


その後、ひな壇に「W杯のすごいプレーが見たかったんだ!という部分があるんですけど。TBS的にはこれでいこうということになっておりますー。皆さん、よろしくお願いしますー」とあいさつしていた。




「加藤浩次が俺らの気持ちを代弁してくれた」



一体なぜ、番組は「W杯のすごいプレー」の総集編を放送しなかったのか。



実は16日朝、TBSではフランス‐クロアチアの決勝戦の録画を放送。その際、「あなたが選ぶ2018FIFAワールドカップベストゴールTOP10」と題した名場面集も放送していたのだ。時間にして10数分の圧縮版だった。



そのため「W杯のすごいプレー」を放送していなかったとはいえない。ただ加藤さんと同じく、大会閉会後に「歴代カッコいい選手ランキング」を放送するくらいなら総集編を見せてくれ、と感じた人は少なくなかったようだ。



番組放送中、ツイッターで



「加藤浩次、魂の叫びwww『何故今日この企画なんだよ〜!!!』ホントそれ」

「加藤浩次も言ってたけどさ、これ、ワールドカップ決勝戦翌日にやる番組じゃないよね」

「日本人が選ぶカッコいいサッカー選手??TBSのわかっていない感がすごい」

「MCの加藤浩次が俺らの気持ちを代弁してくれた」


との声が多数寄せられていたのだ。



J-CASTニュース編集部では17日、TBS広報部に(1)今回の企画内容はW杯前から決まっていたのか(2)なぜ総集編を放送しなかったのか(3)加藤さんの発言への受け止めは——など質問。19時現在で回答はないが、今後届けば追記する。

J-CASTニュース

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ