横浜FCサポ、「黙祷スルー」を謝罪 スタンドから大きな拍手

7月17日(火)15時1分 J-CASTニュース

横浜FCのホーム「ニッパツ三ツ沢球技場」(写真はイメージです)

写真を拡大

サッカーJ2・横浜FCの一部サポーターが、西日本豪雨の被災者への黙祷中に応援歌を続けた問題で、「コールリーダー」と呼ばれるサポーター集団の中心的人物が騒動を謝罪した。

謝罪があったのは、2018年7月15日のアルビレックス新潟との試合前。コールリーダーの男性が、スタンドに向けて騒動の経緯を説明した上で「申し訳ございませんでした」と訴えたのだ。



「気分が盛り上がりすぎた」?



黙祷中の応援行為が問題となったのは、11日にニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で行われた天皇杯の対横浜F・マリノス戦でのことだ。



試合開始前、西日本を襲った豪雨の被災者へ黙祷が捧げられた際に、ゴール裏にいた横浜FCサポーターの一部が応援行為を続けた。チャントと呼ばれる応援歌を歌ったり、横断幕をスタンドに掲げたりしていたのだ。



こうした行動に対し、スタンドで試合を観戦していた元サッカー選手の丸山龍也さん(26)は12日のJ-CASTニュースの取材に、「本当に品がないと思いますし、この問題は多くの人が取り上げていいと思います」と厳しく批判していた。



一方、当時ゴール裏で応援に参加していたある横浜FCサポーターは取材に、黙祷の案内には気付かなかったとして、「わざと黙祷中に応援をしようといった意図はなかった」と説明した。



こうした問題について、横浜FCのサポーター集団で「コールリーダー」をつとめる男性が謝罪した。15日に新潟市内で行われた対アルビレックス新潟戦の試合開始前に、スタンドへ向けて、



「あの日はちょっとドタバタしていて、あと気分が盛り上がりすぎたと言いますか...。運営側とコールリーダーとの連携が中々みっちりとできず、しっかり黙祷をしていた方々にご迷惑をかけてしまいました。皆さん、申し訳ございませんでした」


などとお詫びしたのだ。




「反省して謝罪したのならよし」の声も




さらにコールリーダーの男性は、新潟戦のキックオフ前にも黙祷が行われるとして、「僕も含めて、皆さん協力をして頂ければと思います」。その上で、



「先日はどうもすみませんでした。申し訳ございません!」


と大声で改めて謝罪。すると、スタンドの横浜FCサポーターからは、大きな拍手が起こった。



こうした謝罪の一部始終は、横浜FCサポーターの1人がツイッターで公開した撮影動画で確認できる。



サポーター側が騒動を謝罪したことについて、ツイッターやネット掲示板では、



「先日の黙祷の件、しっかり謝罪されてました。そういう人たちでよかった」

「やったことはクソだったけど反省して謝罪したのならよし」


などと評価する声が出る一方で、「身内に謝罪して何の意味があるの...」「誰に何を謝罪しているのか(略)全く理解できない」と疑問視するユーザーも出ている。



なお、横浜FCは今回の騒動について、17日14時時点で公式サイトやSNS上では一切言及しておらず、クラブとしての見解は明らかになっていない。

J-CASTニュース

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ