「発表していいものなの?」石橋貴明の独自情報に批判多数

7月17日(火)11時0分 まいじつ


(C)まいじつ



7月16日にフジテレビ系列で『石橋貴明のたいむとんねる』が放送された。石橋はサッカー日本代表の長谷部誠選手が、ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で腰を骨折しながらプレーしていたことを明かしたが、視聴者からは「石橋がそれを言っていいの?」と疑問視する意見が相次いだ。


【関連】石橋貴明の「保毛尾田保毛男に救われた」ミッツ発言に賛否両論 ほか


この日は生放送で、石橋とミッツ・マングローブ小柳ルミ子、お笑いコンビ『ハライチ』の澤部佑の4人が『素人だけでワールドカップを語り継ぐ』というテーマでトーク。「この番組のために取材をしてきた」と石橋は、長谷部選手と元日本代表選手の中田英寿氏と会食したと明かした。石橋いわく、中田氏は日本が乾貴士選手のゴールなどで2点リードした場面、日本代表もベルギー代表も「ふわふわしていた」と試合を分析したという。また石橋は、ベルギー代表のゴールで試合が2−2の同点になった場面で「(長谷部選手が)腰を折ったらしいですよ」と明かした。


これに小柳は驚いた様子だったが、小柳は石橋の“暴露発言”をさえぎるかのように自らのサッカー知識を披露し始めた。


小柳は日本がベルギーを相手に2点をリードしたときの状況を、昨年のクラブワールドカップのレアル・マドリード対鹿島アントラーズになぞらえた。「(鹿島が)2点を取ったら(レアルが)ジダン(監督)を含めてマジになった」、「本気になっちゃって。世界レベルってそうなんですよ」と振り返った。



「発表していいものなの?」


ツイッターでは長谷部選手が骨折したながらも試合出場し続けたことに対し大きな反響があった。その一方で、石橋には“暴露”の是非についての投稿が多かった。



《長谷部の骨折って発表していいものなの?》

《マスコミ一切報道自粛案件じゃなかったのでは?》

《タカさんは言っていいか許可もらってるんだろうな?》



また、小柳が繰り返しサッカー論について熱く語ったことに関しても批判が集まっている。



《小柳ルミ子のサッカー解説ムカつく》

《小柳ルミ子、語りの浅さがにわかファンの私と同じだな》



意外なサッカー好きとして、サッカーファンから受け入れられていた小柳だったが、このW杯では大きく評判を落としてしまったようだ。



まいじつ

「石橋貴明」をもっと詳しく

「石橋貴明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ