宮迫博之たちが“謝罪会見”できない驚きの理由! 芸能界引退が現実味...

7月17日(水)10時31分 まいじつ


(C)まいじつ 



反社会的勢力に対して〝闇営業〟を行った上、ギャラをもらったにもかかわらず「受け取っていない」とウソをついたことで、謹慎処分を言い渡されている宮迫博之ら〝よしもと芸人〟たち。仲間の芸人からは「会見をするべき」と助言を受けているが、どうしても出られない事情があるという。


【関連】『笑ってはいけない』から“あの人”が消える!? 年末特番にも闇営業問題 ほか


今回の不祥事が明るみになったとき、同じく「よしもと」の千原ジュニアは、「先輩である2人(宮迫と田村亮)が矢面に立って、質疑応答込みの記者会見を開くべきだったんじゃないかと思う」と主張。ツイッターやラジオで一方的に釈明していたことを責め、「記者会見して質疑応答してすべてさらけ出した方が、今後、復帰するためにも良かったんじゃないかと思う」と続けた。


さらに7月15日放送のMBS『ミント!』でも、たむらけんじが「宮迫さんに記者会見をしてほしい。記者会見をして宮迫さんの口から話してほしいし、被害者の方に対する謝罪も聞きたい。僕は早く記者会見を開くべきだと思っています」とアドバイス。月亭方正も「会見をしないと世間が納得しない」「宮迫、亮だけではなく、みんなで」と話していた。


 


二度とウソはつけない


このように、同僚たちが口を合わせて会見を推すが、今のところ謝罪会見の予定は一切ない。しないのではなく〝できない〟事情があるというのだ。


「今回の不祥事で一番問題になっているのは、〝闇営業〟などではなく、〝ウソ〟をついたこと。もし、謝罪会見でも〝ウソ〟をつけば、復帰は永久にできなくなります。しかし、会見では『この件以外もグレーな闇営業をした経験は?』など、聞かれることは確実。十中八九、宮迫たちが〝闇営業〟をしたのはこれが初めてじゃないので、そこらへんをすべて明かさなければならなくなるのです。そして内容によっては、二度と復帰ができなくなるでしょうね」(芸能記者)


ネット上でも、



《突っ込まれてボロが出るからダメだな》

《「今まで何回くらい闇営業やりましたか?」「そのお金は申告しましたか?」「これから修正申告しないんですか?」 の質問で本当のこと言ったら、追徴金で破産》

《正直に言う→アウト。嘘をつく→証拠が出てきてアウト。会見は絶対にできないよね》

《謝罪会見でなく、引退会見しかできないよ》



などと揶揄されている。


とはいえ、グレーなままの復帰がかなうはずもない。宮迫の仕事復帰は、想像以上に難しそうだ。


 


まいじつ

「宮迫博之」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「宮迫博之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ