東京近郊で「選挙割」をフル活用するコースを考えてみた

7月17日(水)7時0分 NEWSポストセブン

「選挙割」を実施する店が増えている

写真を拡大

 納税者として大人として、選挙で一票を投じることには大きな意味がある。それだけでなく、最近は店頭で「選挙割」なるサービスを受け「一票の重み」を感じることも可能だ。コラムニストの石原壮一郎氏がガイドする。


 * * *

 7月21日は参院選挙の投票日。今回改選される124議席を争って、370人が立候補しています。誰しも世の中や政治にそれぞれ文句はあるでしょうけど、まずは投票に行かないと始まりません。「どうせ変わらない」と選挙を棄権しておきながら、したり顔で文句や批判ばっかり言っているのは、けっこうカッコ悪い姿勢です。


 ただ、いろんな人が口を酸っぱくして「選挙に行こう」と言っているのに、投票率の低下傾向は止まりません。衆院選も参院選も、昭和の頃は70%超えも珍しくなかったのに、最近では50%をキープするのが精いっぱい。とくに、まだまだ先が長い若者の投票率と関心の低さが問題視されています。


 さすがにどうにかしないとということで、最近増えてきているのが飲食店や小売店の「選挙割」。投票所でもらえる「投票済証」を見せると、割引などのサービスが受けられるというものです。


 2016年参院選、2017年衆院選に続いて、3回目の「選挙割」を実施するのは、ラーメンチェーン店の「一風堂」。7月21日〜31日の期間中に、国内の「一風堂」「SHIROMARU BASE」全店で、参院選の投票済証を見せると「替玉一玉」か「半熟塩玉子一個」のいずれかが無料サービスになります。嬉しいことに何度利用してもOKだとか。


「一票の重み」は、投票しただけでは今ひとつピンと来ません。いろんな店の「選挙割」でたくさんのサービスを受ければ、「ああ、自分は選挙に行ったんだ」「ああ、選挙に行ってよかった」と実感できるはず。次も必ず行こうという決意も固まります。選挙割をフルに活用することは、有権者としての自覚を深める大人のたしなみと言えるでしょう。


 ためしに、東京近郊で「選挙割」をフル活用するモデルコースを考えてみました。


 とりあえず「一風堂」でラーメンを食べたあとは、東京・谷中の「ひるねこBOOKS」に行って「店の外にある均一棚(50円〜300円)から、お好きな古本を1冊プレゼント」のサービスを受けます。すでに始まっていて7月28日まで(20〜23日は休業)。返す刀で中野ブロードウェイの「ブックス・ロンド社」に行くと、100円の本が無料でもらえます。買った額に応じた割引サービスも見逃せません。こちらも28日まで。


 続いては、東京・幡ヶ谷の「髪工房」で髪を切ってスッキリしましょう。7月21日〜8月4日まで、投票済証を見せると通常料金から300円割り引いてもらえます。ちょっと足を伸ばして埼玉県さいたま市の「おふろcafé utatane」に行けば、大人フリータイム入館料通常土日祝1380円、平日1260円が690円に。ここだけでなく温泉道場が運営する埼玉県内の「おふろcaféグループ」の全店舗で、27日まで「選挙割」を実施しています。お風呂につかって休憩所で選挙速報を見るのも、きっとオツですね。


 そろそろいっぺんに回る限界を超えている気はしますが、そこは各自で調整してください。交通費も気になりますけど、有権者としての自覚を深めるためですから、そんなのはささいなことです。さらに欲張ってみましょう。


 見逃せないというか、ぜひゲットしたいのが、神奈川県川崎市の「若宮八幡宮・金山神社(かなまら様)」で、札所で投票済証を見せるともらえる「かなまらさま飴グリーン」。この神社のご神体は男性器で、春に行なわれる「かなまら祭り」では、天にそびえ立つ巨大なピンクの男性器を載せた御神輿が街を練り歩きます。今や「ウタマロフェスティバル」として、世界中の善男善女に大人気。


「かまならさま飴」も、当然ながらご神体の形です。期日前投票でもOKで、7月21日まで。先着順でなくなり次第終了なのでお早めに。親しみを感じられる形の飴を丁寧になめることで、自分の中に頑固に巣食っている男女差別意識が溶けていくかも。男性社会であるがゆえの多くの問題も徐々に溶かしていかねば、という気にもなりそうです。


 お店によっては、投票済証に限らず、投票場の前で撮った写真でもOKなところもあります。サービスの詳しい内容は、それぞれのお店に直接確かめてください。


 ここで紹介した「選挙割」は、ほんの一例。住んでいる地域の近くで、どんな店がどんな「選挙割」をやっているのか、ツイッターなどで調べてみましょう。サービスを直接受けるだけでなく、「そういうことにもちゃんと関心があるんだな」ということがわかって、ひいきの店を見つけるきっかけになるかもしれません。

NEWSポストセブン

「選挙」をもっと詳しく

「選挙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ