令和仮面ライダー第1作目は『仮面ライダーゼロワン』! 暴走するAIロボを倒せ

7月17日(水)14時1分 しらべぇ

仮面ライダーゼロワン

17日、「令和仮面ライダー 新番組制作発表会」が開かれ、記念すべき令和仮面ライダーの第1作目がお披露目された。

その名も…『仮面ライダーゼロワン』! 暴走AIロボを倒すため、0と1のデジタル世界を駆け抜けていく。

 

■キャストも発表に!

集合写真

主人公である飛電或人(ひでん・あると)/仮面ライダーゼロワンを務めるのは、男子高生ミスターコン2017のグランプリである高橋文哉(写真中央)。

対人工知能特務機関『A.I.M.S.』の隊長である不破諌(ふわ・いさむ)/仮面ライダーバルカンは第29回ジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリの岡田龍太郎(写真左から3番目)、『A.I.M.S.』の技術顧問・刃唯阿(やいば・ゆあ)/仮面ライダーバルキリーはゼクシイの第11代目CMガールとして一躍有名になった井桁弘恵(写真左から2番目)が演じる。

「Popteen」専属モデルの鶴嶋乃愛(右から3番目)は、飛電或人を支えるAIロボ・イズ役に挑戦。

そして敵対するテロリスト『滅亡迅雷.net』の行動役・迅(じん)は中川大輔(写真右から2番目)、司令塔・滅(ほろび)は砂川脩弥(写真一番右)がそれぞれ演じる。

さらに、或人が社長を務める飛電インテリジェンス副社長の福添准(ふくぞえ・じゅん)をアンジャッシュ児嶋一哉(写真一番左)が担当し、作品を盛り上げる。

 

■リアルでも主役とライバルの関係性?

高橋文哉

仮面ライダー出演が決まったとき、「本当に驚きが大きくて…衣装合わせ・本読みってどんどん進んでいくのに実感が湧かなくて。撮影が始まって変身やアクション、いろんなカットを撮っていく中で『僕は仮面ライダーになるんだ!』って気持ちがこみ上げてきました」と語る高橋。

岡田龍太郎

そんな高橋に向かって、岡田は「主役の座を狙ってオーディション行ってたので、キーってなってました」と笑う。

■女性陣も苦労が…

井桁弘恵

歴代で初めて、番組最初から登場する女性仮面ライダーを演じる井桁は「私が変身するんですか!?」と思わず聞き返してしまったとか。

鶴嶋乃愛

鶴嶋は演技のオーディションを受けること自体が初。「AIのできる秘書なので、パキパキ動いたり声の出し方を工夫したり。感情が出ないように気をつけてます」と役作りの苦労を語る。

 

■極秘のはずなのに

タイトルもストーリーもキャストも、今日の発表会まで極秘。

中川大輔

中川が「友達にめちゃめちゃ仮面ライダーが好きな子がいるので、早く伝えたい。今日まで伝えられなくて」と嘆くと、児嶋から「じつは『仮面ライダーに出る』っていろんな芸人に言っちゃって…」とまさかの発言が。それでも「(相方の)渡部には言ってない」と笑う。

 

■ライダー現場は怒鳴られるって本当?

砂川脩弥

撮影現場は和気藹々としているが、滅役の砂川のみ「まだみんなと合流していなくて…早くみんなの輪に入りたい。まだ2回目なんです」とポツリ。

児嶋一哉

「監督が怖い・怒鳴られる・厳しい」と噂の仮面ライダー撮影現場だが、児嶋は「楽しい。本当にアタたっかくてやりやすい現場」だと話す。高橋が「スタッフさんも明るくて優しくて、時には厳しくて」というと、これに児嶋が「俺がまだ厳しい現場に行ってないだけかも」と返し、笑わせた。

 

『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)放送開始は9月1日(日)午前9時から。ライダーファンならずとも必見だ。


・合わせて読みたい→竹内涼真、ダメ出しされまくった『仮面ライダードライブ』監督に「今でも感謝」


(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ



しらべぇ

「仮面ライダーゼロワン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「仮面ライダーゼロワン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ