指原莉乃、謎の”ツイッター連投” 「プライベートがダダ漏れ」と話題に

7月17日(水)18時21分 しらべぇ

指原莉乃

タレントの指原莉乃が、17日、自身のツイッターを更新。連続で投稿されたその内容に、ファンからはツッコミの声が続出している。

 

■何の脈絡もないようだが…

初めに更新されたその中身とは、「・映画 ・デモ聴く ・カメラ ・スケジュール」というもの。一見暗号のようで、これだけではよく分からないのだが、さらに次の投稿で「帰ったら絶対洗濯」とつづく。

これらのことから、ツイッターを「To do リスト」として使用していることが分かる。しかし説明が一切付されていなため、困惑している読者も多くいたようだ。

 

■その後「To do」に進捗

その後の投稿で、この「To do」に進捗が見られる。3番目の「do」であるカメラ画像のデータ整理を行い、HKT48メンバーに写真を送ったところ、なんとそのうちの一人が「済」を意味する絵文字を付けて送り返してきたという。

ツイートのスクリーンショットに上から絵文字を貼り付けているように見えることから、だいぶ無理しているようにも伺えるが、思わぬ「チェック機能」に大満足する指原だった。

■「それはダメ」とツッコミ殺到

メモ代わりとなった一連の投稿に、ファンからは「それはあかん」「プライベートがダダ漏れ…」とツッコミが殺到した。

「一瞬なんのことかと思ったわ! そういうことね。250万人も見てるんだから、それはあかん!」

 

「さっしー可愛い。私も真似しよう。と思ったけど、フォロワーあんまいないから、メモ張に書いてるのと同じ…」

 

「そういう使い方もありなんか。てゆうかプライベートがダダ漏れでウケる」

 

■4人に1人「予定は頭で覚える」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「予定」について調査を実施したところ、全体で約4人に1人が「メモに書かず、頭で覚えておくほうだ」と回答する結果に。全体的に女性よりも男性に、その傾向が顕著に表れた。

新手の使用用途に、多くのツッコミが寄せられる結果となった今回の投稿。スケジュール管理のアプリが無数にある現代だが、あえて私用を多くの人の目に晒すことで、緩んでしまうこともある日々の生活への戒めに繋がるのかもしれない。


・合わせて読みたい→指原莉乃、胸元あらわな透けショットにファン騒然 「お胸やばい」


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日

対象:全国20代〜60代の男女1,363名 (有効回答数)

しらべぇ

「ツイッター」をもっと詳しく

「ツイッター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ