タイカ・ワイティティのドラマ「レザベーション・ドッグス」米予告編 ─ 犯罪に明け暮れる若者たちを描くコメディ

7月17日(土)9時0分 THE RIVER

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』(2019)などのタイカ・ワイティティによるFXドラマ「レザベーション・ドッグス(原題:Reservation Dogs)」より、米国版予告編が公開された。

「レザベーション・ドッグス」は、1話30分のコメディ。アメリカ・オクラハマ州東部の田舎町を舞台に、ネイティブ・アメリカンである4人の若者たちが、カリフォルニアへの資金集めのために犯罪を犯したり、時には犯罪を阻止したりする姿が描かれていく。犯罪というテーマや、作品のタイトル、そしてスーツ姿から、クエンティン・タランティーノ監督の代表作『レザボア・ドッグス』(1992)を彷彿とさせる。

このたび公開された予告編は、主人公の若者たちが、「あるフードトラックが盗まれた。誰か見かけてないか?」と、ひとりの警察から職務質問を受けるところから始まる。「見ていない」と一同は否定。ところが、映像は過去にさかのぼり、フードトラックを盗む彼らの姿が映し出される。そこのトラックから盗んだと思われるお菓子を食べる主人公たちを見た警察官は、彼らを怪しむが、それでも一同は白を切り続けた。タイカ・ワイティティ作品らしい個性豊かな住民が集う町で、4人はさまざまな犯罪を犯しながら、カリフォルニアに向かうための資金を集めていく。

タイカ・ワイティティとスターリン・ハルジョが脚本を共同執筆。ネイティブ・アメリカンでもあるスターリン・ハルジョは監督も担当した。ふたりは、「ザ・ナイト・オブ」(2016)などのギャレット・バッシュと共に製作総指揮としても名を連ねている。ネイティブ・アメリカンの4人の若者役を演じるのは、デヴァリー・ジェイコブス、ポーリーナ・アレクシス、レーン・ファクター、ディ・ファラオ・ウーン・ア・タイ。ゲスト出演者には、『ドクター・スリープ』(2019)ザン・マクラーノン、『グリーンルーム』(2015)メイコン・ブレア、「ストレンジャー・シングス」(2016-)マティ・カーダロプルらが参加している。

ドラマ「レザベーション・ドッグス(原題:Reservation Dogs)」は、2021年8月9日より米Huluにて配信開始。


THE RIVER

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ