坂口健太郎、有村架純と再共演「安心」 現場での印象語る<そして、生きる>

7月18日(木)20時29分 モデルプレス

有村架純、坂口健太郎(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/07/18】女優の有村架純と俳優の坂口健太郎が18日、都内にて行われた連続ドラマW「そして、生きる」(WOWOWプライム、毎週日曜よる10時〜全6話※8月4日スタート)の完成披露試写会・舞台挨拶に出席した。

◆坂口健太郎、有村架純の“共鳴性”語る

人間ドラマの名手・岡田惠和氏が手がける今作。何度も共演歴がある有村について、「とても僕も安心していられるし、架純ちゃんと一緒にお芝居をしていられることは良い意味で心地良い空気に包まれる」と語った坂口。

シーンの中で、役ではなく「一瞬、有村架純さんに見える瞬間もある」といい、「それってなかなかないことで、その瞬間を見られることは、僕としてはすごくありがたい」と何度も共演したからこそのエピソード。「(有村が演じる)瞳子と架純ちゃんは全然違う人間ではあるんですけど」と前置きしつつ、「どこか役と本人自身が重なるという共鳴性はいつも感じてお芝居をさせていただいていますね」と撮影を振り返った。

一方、有村は「こんなにも現場でお会いする役者さんはいらっしゃらないですし、その度に違う顔を見せてくださる俳優さんだと思っています」とコメント。「彼の人間性が役に反映するだろうし、しているものと思うんですけど、彼が演じるキャラクターは繊細な部分もあり、だけど大らかな部分もあり、どちらの面も兼ね備えているような気がします」とその印象を明かした。

◆オリジナルヒューマンラブストーリー「そして、生きる」

今作は、東北と東京を舞台に、過酷な運命を生きた2人の男女・瞳子(有村)と清隆(坂口)、彼らと巡り合わせた人々の人生を描いたオリジナルヒューマンラブストーリー。

舞台挨拶には、知英、岡山天音、月川翔監督も登壇した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「坂口健太郎」をもっと詳しく

「坂口健太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ