広末涼子、誕生日会の逸話「家に入りきらなくて近くの公園で」

7月18日(水)8時0分 オリコン

相葉雅紀主演ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の現場で広末涼子の誕生日祝い。息子役・矢村央希くんからの似顔絵メッセージのプレゼントに思わずにっこり(C)テレビ朝日

写真を拡大

 7月18日に38歳の誕生日を迎える女優の広末涼子が、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(10月スタート、毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の撮影現場で共演者やスタッフから祝福を受けた。誕生日といえば、小学生の頃、「クラスのみんなを呼んでお誕生日会をしようと思ったら、家に入りきらなくて近くの公園で誕生日会をやった」ことが印象に残っているそうで、当時から人気者だったようだ。

 撮影中のドラマは、人気アイドルグループ・嵐の相葉雅紀の主演作。東京・神楽坂にある動物病院の獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く。広末は達也のパートナーとなる動物看護師・加瀬トキワ役を演じる。

 都内某所の民家で撮影していた広末たちは、あるシーンを撮り終えたところで、スタッフから「広末涼子さんがお誕生日です!!」と声が上がり、ドラマの看板犬・ビションフリーゼのダイキチのモフモフ顔をモチーフにしたケーキが登場。広末は「すごーい! こんなのはじめて見た!!」と驚きの表情を浮かべていた。

 さらに、トキワの息子・大地を演じている矢村央希から、似顔絵付きのメッセージカードが贈られ、「かわいい! 大地、書いてくれたんだ。うれしい! ありがとうございます」とにっこり。暑い毎日が続く中、撮影に励んでいる『僕とシッポと神楽坂』のキャスト・スタッフ陣に「この暑さの中でのみんなの頑張りが映像に反映されるといいな」と広末。「誕生日を迎えて、最初のドラマがみなさんに愛されるとうれしいです」と、願いを込めていた。

オリコン

「誕生日」をもっと詳しく

「誕生日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ