国会議事堂の歩き方、かわいい「電灯の傘」他数々の見所

7月18日(木)7時0分 NEWSポストセブン

オバ記者が国会議事堂を案内!

写真を拡大

 与党、野党の「ののしり合い」に、強行採決の大乱闘。はたまた国会議員の失言、失態、放言、失脚。政治ニュースの背景には必ずこの建物がデーン。いいイメージのない多くの人に、驚きの奥の奥を、政治とは縁のなさそうなオバ記者がご案内します。


◆取材・文/野原広子(オバ記者) 茨城県出身。体当たり取材が得意のアラ還ライター。昨年、郷土愛に目覚め、地元議員の事務所のお手伝い。小学生を国会議事堂に案内している。


 * * *

 国会議事堂は、昭和11(1936)年に、大正9(1920)年の着工から17年の歳月をかけて日本中の美しい石を集めて造られた石の博物館。だけど、そうなるまでが七転び八起きだった。


 明治政府が議事堂建設を本格的に準備し始めたのは明治19(1886)年。それから木造の仮議場を3度建て直している。


 理由は火事。1回目は竣工したわずか2か月後に全焼。2回目の木造の仮議事堂は大正12(1923)年の関東大震災では焼け残ったものの、2年後の修繕工事の最中に焼失。


 今の議事堂になってからも時代の荒波が止むことはなく、戦時中、前庭がいも畑になったり、進駐軍に接収されたり。そんな歴史の生き証人のような国会議事堂が、面白くないわけがない。


◆赤絨毯だけじゃない。細部までお見逃しなく!


 一般参観は決められたコースを歩くもので、どこでも好きなところを見られるわけではない、と言うとガッカリされそうだけど、まあ、聞いて。


 なにせ部屋数400以上。国会議員でも、目指す部屋がわからなくなって、衛視さん(*)に道案内をしてもらうというくらい広いんだわ。


(*衛視とは、一般に日本の国会の警務及び議院の内部警察権の執行を行う国会職員のこと。衆参両院で約500人の衛視が365日体制で働いている)


 だからといって迷わないように前の人の背中を見ていたらもったいなさすぎる。


 なぜなら大正から昭和の初期に、「オール国産」という意気込みで造った建物。どこを見ても当時、手作りした「逸品」だらけよ。まず天井を見て。まあ、電灯の傘のかわいいこと! 足元の「国会の赤絨毯」もふっかふか。


 そんな中で、3つだけ国内で作れなかったものがあって、その1つが国会議事堂特有の郵便ポスト。


 それと、鍵はアメリカ製。各部屋の鍵とは別に、1つの鍵ですべての部屋が開くマスターキーが、当時の日本にはなかったんだって。


 あとステンドグラスの原料はイギリスからの輸入だそう。


◆陛下がお休みになる「御休所」と中央広場が議事堂の中心点


 国会の開会式には天皇陛下がお出ましになるのが、わが国のしきたり。陛下は2階にあたる中央玄関からお入りになって中央広間を通り、中央階段を上られて、3階の「御休所」と呼ばれるお部屋に向かわれる。


 御休所は、議事堂を造る予算の10分の1をかけたそうな。ここがガラス越しに、一般公開されている。天井から鳳凰の舞い飛ぶ壁、柱、扉、緞通(だんつう)と呼ばれる敷物。どれひとつとっても豪華だけでは片づけられない、当時の伝統工芸の職人たちの心意気が伝わってくる。


 御休所前広間は、全国の37種類の大理石で造られている。また、御休所の壁は、その中の徳島県阿瀬比町産出の時鳥という大理石の一枚岩からできている。


撮影/森浩司


※女性セブン2019年8月1日号

NEWSポストセブン

「国会議事堂」をもっと詳しく

「国会議事堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ