【著者に訊け】望月記者が安倍首相の生い立ちや歴史観を分析

7月18日(木)16時0分 NEWSポストセブン

『「安倍晋三」大研究』を上梓した望月さん(撮影/佐々木芳郎)

写真を拡大

【著者に訊け】望月衣塑子さん/『「安倍晋三」大研究』/KKベストセラーズ/1620円


【本の内容】

望月さんと写真家・編集者の佐々木芳郎さんがタッグを組み、今年11月に首相在職期間が憲政史上最長にならんとする安倍晋三氏を様々な角度から分析する。ぼうごなつこさんによる伝記まんが、父・晋太郎氏の元番記者で、安倍首相の乳母も取材した政治ジャーナリストの野上忠興さんや、思想家・内田樹さんとの対談など盛りだくさん。安倍首相の「嘘」と「強さ」の理由が明らかになる。



 望月さんと言えば内閣官房長官記者会見での菅氏とのバトルが有名だが、参院選を前に、政治家安倍晋三とは何者かを探る本が出た。特別取材班との共著で、誕生から第一次内閣辞任までをたどったまんがや、争点をずらす「安倍話法」の考察、安倍氏をよく知る人々のインタビューなどが収録されている。


「まんがを読んで安倍さんにどんな印象を抱くかは人それぞれだと思いますが、小さいときから政治家になる意志を持っていて、あとはやっぱり、憲法改正など、おじいさんの岸信介の影響は大きいですね。逆に、父(安倍晋太郎)の影響はほとんど感じられません」


 安倍政権の官僚評価を思想家の内田樹氏が「安倍マイレージ・システム」と呼ぶのが秀逸だ。現内閣は官僚の信賞必罰が徹底しており、「この査定システムの異常なほどの単純さが官僚たちには好感されている」と内田氏は語っている。


「政治家でも、自分を裏切ったり反旗を翻したりした人のことはいつまでも忘れない。逆に、自分を慕う人の面倒は見る。メディアに対しても、これまでの首相は公平に取材に応じましたが、安倍さんは特定の新聞、テレビの単独取材にだけ応じてメディアをはっきり選別しています」


 新聞労連が官邸記者を対象にしたアンケートでは、質問が長い、パフォーマンスであるといった望月記者への批判もある一方、官邸とつながっている社があり身動きがとれない、といった閉塞感を訴える回答も寄せられたという。


「本当はみんな聞くべきことを聞きたい。でも安倍政権の6年の間に、メディアが萎縮する重苦しい雰囲気が作られてしまった」


 取材場所には、キャリーケースを引いて現れた。「出張ですか?」と聞くと、「出張じゃないです。パソコンと資料が重くて、毎日これ。重宝なのに、こういう使い方する人あんまりいませんね(笑い)」。


 東京地検特捜部担当のときは、会社の車に蒲団と枕を置き、車中で仮眠をとっていたそう。取材以外に講演などもこなし、多忙でストレスの多い日々が続くが、「女性週刊誌の皇室記事は読まれるんですか? 読者の男性の割合は?」と、取材中にも逆質問を編集者にぶつける根っからの取材者だった。


※女性セブン2019年8月1日号

NEWSポストセブン

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ